内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク

女性国家公務員からのメッセージ

Profile
昭和59年
郵政省採用
平成22年
総務省大臣官房会計課長
平成25年
経済産業省官房審議官(IT戦略担当)
平成25年
内閣総理大臣秘書官

山田真貴子(やまだまきこ)内閣総理大臣秘書官

 私は現在、安倍総理大臣の秘書官として、総理官邸で勤務しています。総理官邸は、あらゆる情報が集中し、内政、外交の重要方針を決め、推進していくところです。7人の総理秘書官の1人として、情報通信政策、女性登用政策、地域活性化策などを担当するとともに、広報担当として総理官邸の情報発信、記者対応等を担っています。

 私自身、就職活動に当たり、生涯仕事を続けたい、世の中の役に立つ仕事をしたい、そして、できることなら日本の未来に関わる仕事をしたい、という気持ちで国家公務員の仕事を選びました。

 今、こうした志を表に出すことは、少し恥ずかしい気もしますが、心持ちは大きくは変わりません。日々の仕事自体は、多くの場合、大変地道ですし、日本のような成熟社会を変えていくことはそう簡単なことではなく、粘り強く取り組んでも反対にあったり、カベにぶつかることもしばしばです。

 しかし、アベノミクスを掲げて日本の再生に取り組み、地球儀を俯瞰する外交を掲げ世界を飛び回る総理の身近で仕事をさせていただき、日々、刺激の中で学び続けることができる、今の職場で勤務するチャンスを頂けたことは本当にラッキーですし、感謝しつつ努力を重ねたいと思っています。

 個人の生活としては、息子を育て、同僚である夫と協力しながら働く母としても日々を過ごしています。母として家庭人としての時間は、自分の仕事にも幅を与えてくれていると思います。

 今の職場以外にも、自治体に出向して住民の方々に寄り添う行政の現場、留学、海外での勤務など、様々な機会を頂いてきました。皆さんも、可能性にあふれた国家公務員という仕事に是非チャレンジしてください。ご一緒に働けることを心から楽しみにしています。


内閣人事局トップへ戻る