内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局国家公務員の人事行政国家公務員制度の概要 > 人事管理に係る総合調整

人事管理に係る総合調整

人事管理運営方針

 国家公務員は、等しく政府の一員として国民全体に奉仕するという意識を持ち、内外の諸情勢の変化に即応した総合的かつ効率的な行政運営に努めなければなりません。
 内閣人事局は、中央人事行政機関である内閣総理大臣を補佐する機関として、各府省等の人事に関する部局の長で構成される人事管理官会議、人事管理運営協議会等の主催や人事管理の統一的指針である人事管理運営方針の策定を行い、人事管理に関する総合調整を行っています。

「平成28年度における人事管理運営方針」のポイント

【当面の人事管理の課題】

  「一億総活躍」への挑戦が求められる中、国民の期待に応え、その信頼を得るためには、内閣を支える国家公務員が国民全体の奉仕者として、その能力を高めつつ、国民の立場に立ち、責任を自覚し、誇りを持って職務に当たり、持てる力を存分に発揮していくことが必要。

  限られた資源で行政機能や政策効果が最大限発揮されるよう、能力・実績に基づく人事管理の徹底、多様で有為な人材の確保及び育成の一層の推進、女性職員活躍とワークライフバランスの推進、士気の確保を図ることが重要であり、特に、フレックスタイム制やテレワークの活用等による働き方改革の推進や女性職員の採用・登用についての新たな目標に向けた取組を実施。

【平成28年度における人事管理の統一的な方針】

全体構成

  1. 能力及び実績に基づく人事管理の徹底
  2. 多様な人材の確保と育成
  3. 女性職員の活躍とワークライフバランス推進
  4. 健康の増進等
  5. 高齢化への対応
  6. 綱紀の粛正と倫理の向上
  7. 適正な退職管理の推進
  8. 労務管理の充実
  9. 非常勤職員の処遇改善の取組の推進
  10. その他の人事管理施策

ポイント

  公務を取り巻く環境・課題等を踏まえ、「採用昇任等基本方針」等に基づき行う人事管理のほか、特に平成28年度に取り組むべき人事管理の方針等について規定。

@新規採用

  国家公務員採用試験の申込者拡大に向け、多様な対象に対する情報発信の強化や広報資料の充実等を通じ、国家公務員の魅力等を伝えるための積極的な広報活動等を実施する。

A働き方改革の推進

  フレックスタイム制の円滑な実施、早出遅出勤務の活用に加え、制度面及びシステム面からのテレワーク環境の整備等により、働く時間と場所の柔軟化を進める。
  7月及び8月にワークライフバランス推進強化月間を実施し、ゆう活、業務の効率化職場環境の改善等具体的取組の実践、テレワークの推進強化、休暇の一層の取得促進等に取り組む。

B女性職員の活躍推進

  第4次男女共同参画基本計画に定める政府全体の目標及び各府省等の取組計画における目標の達成に向け、将来指導的地位へ成長していく人材プールを確実に形成し、女性職員のキャリア形成支援と計画的な育成に取り組む。

C「国家公務員健康増進等基本計画」に基づく取組の推進

  職員の心身の健康の保持増進等に向け、管理監督者を対象とした心の健康づくりやハラスメント防止に関する研修の強化、ストレスチェック制度の適正な実施、健康診断結果データを活用した対策の実施等に努める。

D非常勤職員の処遇改善の取組の推進

  非常勤職員の処遇について、地方支分部局等も含めて十分に制度を周知するとともに、その実態を把握する。

(関連リンク)

ページトップへ戻る