内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ 資料集 [印刷用(PDF)]



e-Passport連携実証実験について




2005年1月
内閣官房IT担当室


1.背景
  パスポートのIC化は、旅券の偽変造対策や安全かつ迅速な空港手続きに効果が高く、国際民間航空機関(ICAO)にて、国際標準の策定が進められている。各国もパスポートのIC化を推進しており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどの主要国が2005年の導入を目指している。
 日本政府も、2005年度中に、顔画像を記録したIC旅券の導入を目指して、準備を進めている。また、「e-Japan戦略U加速化パッケージ」においても、パスポートのIC化を推進することとしており、これに基づき、昨年5月に関係府省連絡会議を設置し、我が国の旅券のIC化及び安全かつ迅速な空港手続きを総合的に推進するe-Passportプロジェクトを進めている。
 パスポートのIC化はその発行から利用まで複数の府省・諸外国が関係しており、効果的な導入や普及促進のためには、関係府省・諸外国との連携が極めて重要であることから、今年度に、e-Passport連携実証実験(以下、実験という。)を行うこととした。
 
2.これまでの取組み
 関係府省連絡会議の下に、事業推進ワーキンググループ(CIO:東京工業大学 大山永昭教授)、実施指針ワーキンググループ(座長:中央大学大学院 堀部政男教授)を設置、実験実施のための検討を行ってきた。
 その結果、2004年8月に基本計画、2004年12月に詳細計画、実施指針を策定している。基本計画及び詳細計画では、実験を実施するための体制、予定、実験内容等を定めており、また、実施指針では、実験における個人情報の取扱いを規定している。
 
3.e-Passport連携実証実験の目的
1) 空港手続きの運用性検証
2) 国内外のIC旅券と読み取り機(ICカードリーダ)との互換性検証
3) IC旅券の本格導入に向け整備すべき制度・運用上の問題点等の洗い出し
4) 実験を通じた国際標準化への貢献
 
4.実施時期・場所
 2005年1月:官庁または各開発現場における総合実験
 2005年2〜3月:成田空港における実地実験
 2005年3月:つくばにおける互換性検証試験
 
5.実施内容
1) 我が国のIC旅券の運用性に関する実験
対象:外交旅券及び公用旅券所持者
媒体:外務省発行の実験用IC旅券
内容:空港内の手続き時に、外務省にて発行した実験用IC旅券を読み取り、顔認証を実施
参加省庁:法務省、外務省、経済産業省、国土交通省
2) 国内外のIC旅券とICカードリーダとの互換性検証に関する実験
対象:実験参加国の状況に応じた対象にて実施
媒体:各国発行のIC旅券、外務省発行の実験用IC旅券
内容:(1)各国発行のIC旅券に対し、日本のICカードリーダにて読み取り検証
(2)外務省発行の実験用IC旅券に対し、各国のICカードリーダで読み取り検証
参加省庁:内閣官房、外務省、法務省、経済産業省
3) 安全かつ迅速な空港手続きに関する実験
対象:航空会社を利用する一般旅客のうちの希望者
媒体:国土交通省が中心となり発行する実験用SPTカード
内容:空港内の手続き時に、実験用SPT(Simplifying Passenger Travel)カードを読み取り、生体認証を実施
参加省庁:法務省、国土交通省
 
6.問い合わせ先
内閣官房情報通信技術(IT)担当室 後藤
Tel:03-5253-2111(内線:83652)、Fax:03-3581-3966
法務省入国管理局総務課出入国情報管理室 君塚
Tel:03-3580-4111(内線:2785)、Fax: 03-3592-7368
外務省領事局旅券課 長嶋
Tel:03-5501-8167、Fax: 03-5501-8166
経済産業省商務情報政策局情報政策課 三島、富田
Tel:03-3501-2964、Fax: 03-3580-6403
国土交通省総合政策局情報管理部情報企画課 黒須
Tel:03-5253-8111(内線28132)、Fax:03-5253-1564