内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ 政策課題 設置根拠


大陸棚調査・海洋資源等に関する関係省庁連絡会議


平成16年8月4日
内閣官房長官決裁
平成18年12月22日
一 部 改 正

1.海洋法に関する国際連合条約を巡り、大陸棚調査の推進、国連に対する連絡調整等同条約に基づき200海里を超えて認められる大陸棚の画定及び排他的経済水域の画定に必要な措置並びに海洋資源等に関する施策について、関係省庁間の緊密な連携を図り、これを着実に推進するため、内閣に大陸棚調査・海洋資源等に関する関係省庁連絡会議(以下「連絡会議」という。)を設置する。
 
2.連絡会議の構成は、次のとおりとする。ただし、議長は、必要があると認めるときは、構成員を追加することができる。
  議 長内閣官房副長官(事務)
  副議長内閣官房副長官補(外政)
  構成員内閣官房副長官補(内政)
内閣官房内閣審議官
外務省総合外交政策局長
文部科学省研究開発局長
水産庁長官
資源エネルギー庁長官
国土交通省総合政策局長
海上保安庁長官
環境省地球環境局長
防衛省運用企画局長
 
3.連絡会議に幹事を置く。幹事は、関係行政機関の職員で議長の指名した官職にある者とする。
 
4.議長は、必要に応じ、有識者、構成員以外の関係行政機関の職員その他の関係者の出席を求めることができる。
 
5.連絡会議の運営の円滑を図るため、連絡会議にワーキンググループを設置する。ワーキンググループは、関係府省の職員をもって構成する。
 
6.連絡会議の庶務は、外務省、国土交通省、資源エネルギー庁等関係行政機関の協力を得て、内閣官房において処理する。
 
7.前各項に定めるもののほか、連絡会議の運営に関する事項その他必要な事項は、議長が定める。
 




大陸棚調査・海洋資源等に関する関係省庁連絡会議 幹事会構成員


     内閣官房内閣参事官
 
     外務省総合外交政策局総務課長
 
     文部科学省研究開発局海洋地球課長
 
     水産庁資源管理部管理課長
 
     資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長
 
     国土交通省総合政策局環境・海洋課長
 
     海上保安庁総務部政務課長
 
     環境省地球環境局環境保全対策課長
 
     防衛省防衛政策局調査課長