内閣官房ツイッター
キーワード検索


トップページ  >政策課題  > 国土強靱化  >「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」特集サイト

「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」 特集サイト

 被害を最小限にとどめ、迅速に回復させるのが国土強靱化です。災害が頻発、激甚化しています。災害によって最悪の事態が発生しないように、日頃からどのような備えをすれば良いのでしょうか?
 政府では、従来の取組に加えて、災害時に人命・経済・暮らしを守り支える重要なインフラの機能を維持できるよう、予算を大幅に増額し、3年間集中で緊急を要する対策を進めています。

1.どうして緊急対策?

1)災害の頻発、激甚化

2)「重要インフラの緊急点検」の実施

3)3か年緊急対策を決定

2.どのような緊急対策?

1)2つの観点から、緊急対策160項目

2)事業規模 概ね7兆円程度

3.緊急対策の進捗状況は?

1)予算の状況(国費ベース)

令和元年度予算(百万円) 平成30年度二次補正予算(百万円)
内閣府 9,919 15,105
警察庁 12,395 54,478
総務省 7,545 8,290
法務省 39,876 23,394
文部科学省 213,286 78,422
厚生労働省 68,961 29,067
農林水産省 120,740 93,825
経済産業省 65,630 28,500
国土交通省 730,796 632,326
環境省 24,699 105,800
防衛省 50,836 13,077
合計 1,344,683
(うち公共事業関係費)
850,300
1,082,284
(うち公共事業関係費)
779,500

注1)四捨五入により、合計が合わない可能性がある
注2)3か年緊急対策に関連する平成30年度二次補正予算としては、上記の他、裁判所施設の強靱化5.2億円(非公共)があり、エネルギー対策特別会計前年度剰余金を除いた一般会計では、合計で1兆723億円となる
注3)3か年緊急対策に関連する令和元年度予算としては、上記の他、裁判所施設の強靱化28億円(非公共)があり、合計で1兆3,475億円となる
注4)3か年緊急対策に係る予算としては、上記の他、平成30年度一次補正予算等において措置したものがある。

2)事業費ベースの進捗状況

3)160項目の対策の進捗状況

→3か年緊急対策の進捗状況の一覧はこちら(PDF:450KB)、例はこちら(取組例の進捗状況(PDF:2,278KB)令和元年度まで目標達成予定項目(PDF:3,548KB)

4.緊急対策後の取組は?

〇「3か年緊急対策後も、国土強靱化基本計画に基づき、必要な予算を確保し、オールジャパンで対策を進め、国家百年の大計として、災害に屈しない国土づくりを進める」こととします。
 (出典)「経済財政運営と改革の基本方針2019」(令和元年6月21日閣議決定)<抜粋>

〇国土強靱化について、もっと詳しく知りたい方は、こちら

ページのトップへ戻る