トップ国際社会の法と秩序を尊重する日本の対応竹島明治期における竹島の島根県編入

明治期における竹島の島根県編入

開国 ~明治政府による近代国家建設

 19世紀後半、欧米列強がアジアに進出し、国際関係が複雑化する中で、明治政府にとって、国家の近代化を図るとともに、地方制度を確立し、周辺離島の位置づけを明確にしていくことは重要な課題でした。
 明治政府は、1880年、軍艦天城(あまぎ)を派遣して現地調査を行いました。この頃から20世紀の初めにかけて、竹島周辺における民間人の活動が徐々に活発化し鬱陵島については渡航禁止するなどの措置も講じる必要がありました。

鬱陵島と竹島の名称や場所の一時的な混乱
今の竹島は、昔は松島と呼ばれていた
図1 参照

現在の竹島は、日本ではかつて「松島」と呼ばれ、一方、鬱陵島は「竹島」や「磯竹島」と呼ばれていました。

18世紀後半から19世紀にかけて、
地理的認識が混乱 ― 架空の島が現れる
図2・図3 参照

1787年、フランスの航海家ラ・ベルーズが鬱陵島を「ダジュレー(Dagelet)島」と、1789年にはイギリスの探検家コルネットが鬱陵島を「アルゴノート(Argonaut)島」と名付けますが、両者が測量した鬱陵島の緯度経度にはズレがあり、その後、ヨーロッパで作成された地図には鬱陵島が別の二つの島として描かれるようになりました。

日本の諸文献から、竹島と松島のことを知っていた長崎出島の医師シーボルトは、ヨーロッパで「日本図」(1840年)を刊行するに当たり、鬱陵島と朝鮮半島の間の実在しない架空の島を「タカシマ」、現在の鬱陵島に位置する島を「マツシマ」として記載しました。その結果、それまで一貫して「竹島」「磯竹島」と呼ばれてきた鬱陵島が「松島」とも呼ばれる混乱を招くこととなったのです。

1880年に現地調査し確認

その後、「松島」の開拓を政府に願い出るものが現れ、政府は、島名の関係を明らかにするため1880年に現地調査を行い、「松島」と称されている島が鬱陵島であることを確認しますが、鬱陵島が「松島」と称されることとなったため、現在の竹島の名称をどうするか問題となりました。そのため1905年、以前の名称を入れ替える形で現在の竹島を正式に「竹島」と命名することになりました。

図1:古くからの呼び方

図1:古くからの呼び方

図2:19世紀後半の呼び方

図2:19世紀後半の呼び方
※現在の竹島は、同島を「発見」したフランスの船「リアンクール号」にちなみ、「りゃんこ島」等と呼ばれるようになっていました。

図3:「日本図」(シーボルト)

図3:「日本図」(シーボルト)
1840年(天保11年)
所蔵:国立歴史民俗博物館

1905年(明治38年)1月28日

民間人からの貸下願いを受けて、
日本政府は、閣議決定により竹島を島根県に編入 資料6-7 参照

 1900年頃、竹島周辺でのアシカ漁が活発になり、間もなく過当競争が懸念されるようになりました。隠岐島民であった中井養三郎(なかいようざぶろう)は、事業の安定化を図るため、1904年9月、内務、外務、農商務三大臣に「りゃんこ島」の貸し下げを願い出ます。
 中井の出願を受けた政府は、島根県からの意見聴取を行った上で、1905年1月28日、島の名前を「竹島」と定め、島根県の所属とし、隠岐島司(おきとうし)の所管とすることを閣議決定しました。

資料6
竹島貸下(かしさげ)願い附図(写)

1904年に、中井養三郎から政府に提出した竹島貸下願いの地図。中井は、竹島においてアシカの捕獲業者が増加し、その個体数の減少が見られることから、競争の排除、捕獲制限等を貸下げの目的として述べている。附図にはアシカの上陸場所などが示されている。

中井養三郎 1904年(明治37年)
所蔵: 島根県公文書センター

竹島貸下願い附図
資料7
閣議決定書
「隠岐島ヲ距ル西北八十五哩ニ在ル無人島ヲ
竹島ト名ヶ島根県所属隠岐島司ノ所管ト為ス」

北緯37度9分30秒、東経131度55分、隠岐島から西北85里にある無人島(竹島のこと)は、他国の占領の形跡がなく関係書類から中井が漁猟活動を行っていることが明らかで国際法上の占領の事実が認められることから島根県の所属、隠岐島司(※)の所管として差し支えないとしている。

※隠岐島司は、隠岐島庁の長。隠岐島庁は戦前の地方制度の一つで、県知事の下で管轄区域の行政事務を所掌する機関。

閣議決定書

内閣 1905年(明治38年)1月28日
所蔵:国立公文書館

資料抜粋

無人島所属ニ関スル件(略)北緯三十七度九分三十秒東経百三十一度五十五分隱岐島ヲ距ル西北八十五浬ニ在ル無人島ハ他國ニ於テ之ヲ占領シタリト認ムヘキ形跡ナク(略)國際法上占領ノ事實アルモノト認メ之ヲ本邦所属トシ島根縣所属隠岐島司ノ所管ト為シ差支無之儀ト思考ス依テ請議ノ通閣議決定相成可然ト認ム

▲ ページトップへ戻る

竹島トップ