キーワード検索


トップページ > 各種本部・会議等の活動情報 > 規制のサンドボックス制度

規制のサンドボックス制度

規制のサンドボックス制度とは、IoT、ブロックチェーン、ロボット等の新たな技術の実用化や、プラットフォーマー型ビジネス、シェアリングエコノミーなどの新たなビジネスモデルの実施が、現行規制との関係で困難である場合に、新しい技術やビジネスモデルの社会実装に向け、事業者の申請に基づき、規制官庁の認定を受けた実証を行い、実証により得られた情報やデータを用いて規制の見直しに繋げていく制度です。

パンフレットはこちら



認定プロジェクト等



よくある質問

Q1:誰でもこの制度を利用することができますか?

Fintech、ヘルスケア、モビリティなど、どのような産業分野に関連するプロジェクトでも応募可能です。まずはお気軽にご相談ください。


Q2:どのくらいの期間まで実証できますか?

実証データを取得するために必要な期間を原則としていますが、実証内容に照らして適切な期間を設定することが可能です。(例えば3ヶ月や6ヶ月など)


Q3:申請から認定までどの程度時間を要しますか?

実証内容によりますが、正式な申請書を提出してから約1ヶ月~2ヶ月程度です。


Q4:法律や規制について見識はありませんが、申請できますか?

まずはご相談ください。申請にあたっては、新技術等社会実装推進チームがサポートいたします。



お問い合わせ・案件のご相談



新技術等効果評価委員会









メディア掲載(外部リンク)



国内記事





セミナー・イベント登壇