キーワード検索


トップページ > 各種本部・会議等の活動情報 > 孤独・孤立対策 > 孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム

会員の募集はこちら

新着情報

令和4年6月29日
分科会1分科会2分科会3のページを新設しました。
令和4年6月15日
第1回シンポジウム(PDF/240KB)の概要を掲載しました。
令和4年6月 1日
会員募集ページを更新しました。
令和4年5月25日 
事務局訪問記を更新しました。
令和4年4月25日
事務局訪問記を更新しました。
令和4年4月16日 
令和3年3月30日開催の孤独・孤立に関する現場課題ワークショップの開催概要を掲載しました。
令和4年4月16日
事務局訪問記を更新しました。

孤独・孤立対策官民連携プラットフォームについて

概要

孤独・孤立に関する多様なNPO等支援組織間の連携及び官民連携を促進することにより、コロナ禍で顕在化した孤独・孤立の問題に継続して対応していくことを目的に「孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」を設置いたしました。このプラットフォームを通じ、複合的・広域的な連携強化活動、孤独・孤立対策に関する全国的な普及活動、先導的取組・学術研究等の情報共有、相互啓発活動等の実施により、会員の皆様の取組を支援してまいります。

概要

孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム 設立趣意書

 人と人との関係性や「つながり」が希薄化する中、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長期化することにより、社会に内在していた孤独・孤立の問題が顕在化し、一層深刻な社会問題となっています。

 我が国において、孤独・孤立対策を推進するためには、行政による政策的な対処のみでは困難又はなじみづらい場合があり、孤独・孤立の問題を抱える当事者への支援を行うNPOや社会福祉法人等(以下「NPO等」)が重要かつ必要不可欠です。

 一方で、孤独・孤立の問題に対してNPO等の支援機関単独では対応が困難な実態があることから、国、地方公共団体、NPO等、多様な主体が幅広く参画し、人と人とのつながりを実感できる地域づくりや社会全体の機運醸成を図りつつ、官民一体で取組を推進することが必要です。

 こうした認識のもと、私たちは、官・民・NPO等の取組の連携強化の観点から、各種相談支援機関やNPO等の連携の基盤となる全国的なプラットフォームとして、「孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」を発足することとしました。

 皆様のご賛同・ご参画をお願い申し上げます。

令和4年2月25日
孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム
準備会合団体一同

設立経緯等

 孤独・孤立対策官民連携プラットフォームは、コロナ禍で顕在化した孤独・孤立の問題に対応するため、NPO等の民間の支援組織間で連携する場が必要という認識の下、経済財政運営と改革の基本方針2021(令和3年6月18日閣議決定)、いわゆる骨太の方針に掲げ、令和3年9月27日に、準備会合を開催しました。その後2回の準備会合を経て、令和4年2月25日に、設立総会が開催されました。

○経済財政運営と改革の基本方針2021(令和3年6月18日閣議決定)(抄)

孤独・孤立対策連携プラットフォーム(仮称)準備会合(令和3年9月27日概要)

○孤独・孤立対策の重点計画(令和3年12月28日、孤独・孤立対策推進会議決定)(抄)

孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム設立総会(令和4年2月25日)

活動内容

  1. 複合的・広域的な連携強化活動
    • 分科会開催
    • 孤独・孤立に関する現場課題ワークショップ
  2. 孤独・孤立対策に関する全国的な普及活動
  3. 情報共有、相互啓発活動
    • 会員向け情報共有・情報発信
    • 事務局訪問記はこちら
    • 孤独・孤立に関する調査 など
    • ※ 孤独・孤立対策に取り組むNPO等の支援策はこちら

規約

組織・会員等

孤独・孤立対策官民連携プラットフォームの体制イメージ

分科会

孤独・孤立に係る課題等のテーマ毎に分科会を設け、現状や課題の共有、対応策等を議論。
分科会1「声を上げやすい・声をかけやすい社会」に向けた取組の在り方」
分科会2「きめ細やかな支援や、地域における包括的支援に向けた行政(国・地方)・民間・NPO等の役割の在り方」
分科会3「相談支援に係る実務的な相互連携の在り方」

会員の募集

会員の募集は、こちら。

会員情報(令和4年6月15日時点)

区分 会員数
全国的に孤独・孤立対策に取り組むNPO等への支援を行う中間支援団体、各分野の全国団体 63団体
孤独・孤立対策に取り組むNPO等支援団体 71団体
関係府省庁 16団体
孤独・孤立対策に関して高い見識を有する者(個人) 0名
協力会員 95団体
賛助会員 12団体
合計 257団体・名

孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム規約

SNSによる情報提供

○内閣官房 孤独・孤立対策担当室 公式アカウント

Twitter
https://twitter.com/kodokukoritsu
※公募補佐・ヨシカワが行く(事務局訪問記)、公募補佐・タカハシが聴く(自治体相談)を随時アップしています。
Facebook
https://www.facebook.com/kodoku.koritsu.taisaku/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCJioDqVB7_f9GWYtjhD6qkA

事務局

孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム事務局
※内閣官房代表番号から孤独・孤立対策担当室につないでもらってください。
※対応時間は平日10時~17時(12~13時除く)となります。
メール:kodoku.koritsu.renkei.j9iアットマークcas.go.jp
※メール送付の際は、「アットマーク」を、「@」に置き換えてください

 事務局は、孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム事務局とし、その運営は内閣官房孤独・孤立対策担当室とともに令和4年度の受託者である一般社団法人RCFが行います。なお、本プラットフォームの運営に当たり、構成員管理等が必要となる個人情報等を当室から一般社団法人RCFに委託業務の範囲内で提供しますので予めご承知置きください。


【連絡先】
内閣官房  孤独・孤立対策担当室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
TEL.03-5253-2111(代表)
ページのトップへ戻る