国家公務員 CAREER GUIDE

各省庁・リンク
ページ一覧
世界と対等に渡り合うために、
日本の科学技術を守り、イノベーションを促進させる

もともとは研究者を目指し、日々の研究に精を出していました。しかし、同じ研究室の尊敬する先輩が気象庁への就職を決めたことをきっかけに、国家公務員という職業に興味を持ち始めました。そこで、自分が学んだ技術を活かせそうな特許庁、気象庁、文部科学省の説明会に参加。特許庁の説明会では、資源のない日本において科学技術は必須であり、知的財産制度は科学技術を守るだけでなく、イノベーションを促進するために重要であることを認識。その中核を担う特許審査官という仕事に魅力を感じました。特許審査では、最新技術を理解し、従来技術との差異を見極める。そして、適切かつ強い権利範囲となるよう特許権を設定する。この工程を最初から最後まで一人で行うため、重責を担います。しかし、これまでの研究知識と知的好奇心の強い性格を活かせると感じ、入庁を決意。
今振り返ると、その時に抱いた特許庁のイメージと入庁後の実際の仕事はさほど離れていないため、その時の直感は正しかったのだと思います。
特許庁では、特許審査を通じて最新の科学技術の中身を深く理解する一方で、知的財産行政を通じて幅広く科学技術に携われる。このように、スペシャリストとゼネラリストという2つの立場で日本の科学技術に貢献できることも、特許庁の大きな魅力です。

特許審査の仕事では、不当に広い権利範囲を付与すると、他の企業が参入できず、結果として産業が発達しなくなるという恐れがあります。そのため、発明者に付与する独占権と第三者の公益バランスを考慮しつつ判断するのが非常に難しいのですが、その分だけやりがいも大きい。特に、自分が特許を付与した技術が製品に使われているのを見た時は、この上ない喜びを感じますね。知的財産行政の仕事では、国連機関(WIPOやWTO)が行う国際会議に参加したことが最も印象的です。実際に日本の交渉役として条約の作成、改正について議論したのですが、それまでに特許審査や知財行政の仕事で培った知識を活かして議論できることに強みを感じました。
私には、国家公務員として働く上で大切にしている判断基準のポリシーがあります。それは、世のため人のためになるかどうかということ。現在、特許審査をしつつ、それとは別に民間企業の方々や大学の先生と、第四次産業革命における知的財産戦略の検討を行っています。試行錯誤だったこのプロジェクトも、周りの方々の多大なる協力のお陰で、少しずつ結果が見え始めました。世のため人のためになると確信を持った仕事は、どこかで必ず共感されるのだと実感しています。このような知財戦略の重要性を認識してもらう活動は、今後も続けていきたいですね。
会社の規模にかかわらず、特許権や意匠権等の戦略的活用はとても重要なので、このような活動等を通して日本の科学技術の発展に貢献していきたいです。

大瀬 裕久

OHSE Hirohisa

経済産業省 特許庁
審査第一部 計測
平成18年入庁

大学院では地球惑星科学を専攻。研究で学んだ知識を活かし、入庁後は医療機器の審査を担当。企画立案や国際業務等の知財行政を経験し、現在は、車やドローンに搭載されるGPS技術や自動運転で用いられるレーダー技術の審査を主に行う。日々進化する技術に対応するため、最新技術の習得や法律、判例等の勉強も欠かさない。技術開発者に寄り添い、知財戦略の普及啓発、特許制度の活用支援、さらには真に必要な知財制度の在り方について深く学び、実践していくことが目標だと語る。