内閣官房ツイッター
キーワード検索


トップページ内閣官房の概要内閣人事局キャリア形成支援活動 > 女子学生霞が関インターンシップの実施について

令和元年度女子学生霞が関インターンシップの実施について

令和元年度女子学生霞が関インターンシップについては、現在発生している台風第 15号の影響が懸念されますが、予定通り実施いたします。 当日は、荒天が予想されるため、会場までの天候・交通機関の運行状況等に十分ご注意いただき、行き帰りの安全を第一に考え、出欠の判断をしてください。当日、遅刻や欠席をする場合は、事前にお伝えしている内閣人事局任用第二係のメールアドレス又は電話番号(03-6257-3745)にご連絡ください。
 なお、令和元年度女子学生霞が関インターンシップは、初日の内閣人事局のプログラムを欠席し、2日目以降から参加していただいても支障はございません。

 内閣人事局では、参加府省等と連携して、女子学生を対象とするインターンシップを昨年度に引き続き今年度も実施することとしました。
 本インターンシップでは、5日間の日程の中で、1日目は内閣人事局で国の行政機関における女性活躍、ワークライフバランスの推進の取組などについて説明し、残りの4日間では、2日間ずつ2府省等で政策の企画・立案プロセスの体験などを行います。
 今年度も全体で約440人を受入れる予定です。

 本インターンシップでは、理系の学生、大学1、2年生や地方大学の学生も参加可能です。
 本年は、受入人数を40人程度増加させ、理系学生が参加しやすい技術系職種のグループを増やしています。

 国家公務員の仕事の魅力等を知る良い機会ですので、公務の世界に興味のある女子学生の皆様からのご応募をお待ちしております。

令和元年度女子学生霞が関インターンシップ 参加学生の皆様へ

1.対象者

 大学又は大学院(以下「大学等」という。)の女子学生

2.実施期間・参加府省等・受入人数

(1)9月2日(月)〜9月6日(金)(5日間)と(2)9月9日(月)〜9月13日(金)(5日間)に、内閣人事局と2府省等を組み合わせた計45グループで実習を行います。
実習生は、45グループのうちの1グループで実習を受けることとなります。

【実施(1) 9/2(月)〜9/6(金)】※グループ番号17から23までが技術系職種のグループ
グループ番号 9/2 9/3〜9/4 9/5〜9/6受入人数
 1内閣人事局 内閣府 財務省税関10
 2内閣府 経済産業省10
 3 公正取引委員会 経済産業省
 4公正取引委員会 国税庁 10
 5 金融庁 財務省税関
 6金融庁 国税庁10
 7金融庁 農林水産省(事務)10
 8 総務省 文部科学省(事務)10
 9総務省農林水産省(事務)10
10 厚生労働省 文部科学省(事務)10
11厚生労働省農林水産省(事務) 10
12厚生労働省 経済産業省 10
13 特許庁(事務)財務省税関10

14

特許庁(事務) 国税庁 10
15 特許庁(事務) 農林水産省(事務) 10
16特許庁(事務) 文部科学省(事務)10
17 総務省 警察庁(技術)
18 特許庁(技術)警察庁(技術) 10
19 特許庁(技術) 経済産業省
20 特許庁(技術) 国土交通省(技術) 20
21 防衛省(技術) 警察庁(技術) 10
22防衛省(技術) 経済産業省 10
23防衛省(技術)国土交通省(技術)10
【実施(2) 9/9(月)〜9/13(金)】※グループ番号38から45までが技術系職種のグループ
グループ番号 9/9 9/10〜9/11 9/12〜9/13受入人数
24内閣人事局 会計検査院外務省10
25会計検査院 国土交通省(事務)10
26 消費者庁 外務省10
27消費者庁国土交通省(事務)10
28金融庁 警察庁(事務)10
29金融庁 外務省10
30 法務省 人事院10
31法務省外務省10
32法務省 警察庁(事務)
33財務省 人事院10
34財務省外務省

15

35財務省国土交通省(事務) 10
36 防衛省(事務) 警察庁(事務) 10
37防衛省(事務) 外務省 20
38 文部科学省(技術) 財務省税関
39文部科学省(技術) 農林水産省(技術) 15
40 気象庁(技術) 財務省税関
41 気象庁(技術) 農林水産省(技術) 10
42 気象庁(技術)原子力規制庁10
43防衛装備庁(技術) 財務省税関 10
44防衛装備庁(技術)農林水産省(技術)
45防衛装備庁(技術)原子力規制庁10

3.内容

実施形式は、政策の企画・立案等のグループワークを基本とし、参加府省等ごとにプログラムを用意します。
※各府省等におけるプログラムの概要はこちら(8月21日現在)(PDF/109KB)PDF

4.応募方法等

提出書類の作成に当たっては、記入要領(別添1)を参照してください。
各大学等は、推薦申込書(様式1)、推薦者一覧(様式2)、調査票(学生用)(様式3)をとりまとめ、メールにて下記応募先に提出してください。なお、学生個人からの直接の応募は受け付けません。
学生の受入れが決定した際には、内閣人事局と大学等との間で覚書(別添3)の締結を行いますので、推薦に当たっては、各大学等の責任において行ってください。
また、受入学生が提出する服務規律の遵守に関する誓約書(別添4)については、インターンシップ初日に学生が持参して下さい。会場で回収いたします。

【応募締切】
令和元年6月9日(日)(メールにて提出)

※この締切は、大学等が学生の応募を取りまとめて、内閣人事局に提出する期限ですのでご注意ください。
※応募書類につきましては、本インターンシップに関連する業務以外で利用することはありません。また、応募書類の返却はいたしませんので、ご了承ください。
※各大学等から応募書類をメールで受信後、こちらから3日以内に各大学等へ受信した旨メールをお送りします。受信確認のメールが届かない場合は、応募書類が内閣人事局に届いていない可能性がありますので、お手数ですが、内閣人事局任用第二係(03−6257−3745(直通))までご連絡ください。

【応募先】
(1)当局から通知している大学については、通知に記載のアドレスまでご連絡ください。
(2)(1)以外の大学等については、上記連絡先 内閣人事局任用第二係(03−6257−3745(直通))までご連絡ください。

5.実習生の選考、受入可否決定の通知

調査票(学生用)に基づき、選考を行います。
受入可否決定の通知は、令和元年7月中に各大学等宛てに連絡します。

6.実施要領

本インターンシップにおける詳細については、以下の「実施要領」をご覧ください。

7.注意事項

  • (1)本インターンシップの必要経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、原則として各自で負担することとなります。
    ※地方大学からの参加者向けに安価な宿泊先を紹介します。(受入決定時に案内予定)
  • (2)受入に際しては、災害傷害保険、賠償責任保険に加入していることを条件とします。
  • (3)実習生が、実習活動中に知り得た情報の取扱いについては、実習中及び実習後において、実施府省の指示に従っていただきます。
  • (4)実習生は、実習終了後、実習内容に関するアンケートを提出していただきます。
  • (5)本インターンシップは、採用選考とは一切関係がありません。

8.参加府省HP

参加府省の業務内容や別途実施しているインターンシップの案内等は以下のHPからご確認ください。

各省庁が実施しているインターンシップの一覧についてはこちらをご覧ください。

9.問い合わせ先

内閣官房内閣人事局任用第二係
03−6257−3745(直通)

ページのトップへ戻る