内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ 政策課題 新しい国民との直接対話のあり方に関する検討グループ


新しい国民との直接対話の参加者募集について


平成19年3月28日
内閣官房内閣広報室
内閣府大臣官房政府広報室


 政府においては、新たな形での国民との双方向の直接対話を実施し、広く皆様のご意見を国政に活かしていくことを検討しております。この新たな形での対話を円滑に進めていくため、手法上どのような課題があるかなどを見極めることを目的として、小規模での国民との直接対話を実施することにいたしました。

 新たな形の国民との対話においては、テーマ選定の段階から、皆様のご意見を伺いながら進めていくことを検討しております。このため、今回の対話の開催に当たってもアンケートを実施し、最も関心の高かった「行政改革」をテーマとして開催することといたしました。

 開催概要は以下のとおりですので、皆様の積極的なご参加とご意見をお待ちしております。

1.開催テーマ:「行政改革」
(参加される方は事前に別紙の論点ペーパーを参照下さい)
 
2.開催概要
テーマ:「行政改革」
日 時:4月16日(月) 19:00〜20:30(90分を予定)
会 場:東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第一会議室(3階)
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1−9
(JR線 秋葉原駅 徒歩1分)
出席閣僚:渡辺喜美内閣府特命担当大臣(規制改革)
国・地方行政改革担当、公務員制度改革担当
地域活性化担当、道州制担当
司会(コーディネータ):世耕弘成 内閣総理大臣補佐官
 
3.参加申し込み先 [参加者募集は終了しました]
(1)募集期間  3月28日(水)〜 4月6日(金)(必着)
(2)応募方法
1) 参加ご希望の方は、ホームページにアクセスして所定の記載事項をご記入の上、お申し込みいただくか、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、性別、年齢、電話番号、職業、Emailアドレス、また車椅子での来場、手話通訳を希望される場合はその旨をご記入の上、下記参加申込み先までハガキ、FAXでお申し込み下さい。
2) 「手話通訳をご利用の方」、「車椅子でご来場の方」は、別途、席を用意いたします。
3) ご入場の際は、参加係から郵送する参加証及び免許証等の本人確認ができるものが必要です。
4) なお、会場の都合上、70名程度の参加が可能ですが、応募者多数の場合は抽選を行います。当選者には参加証を発送し、残念ながら落選された方にはその旨お知らせいたします。
5) ご記入いただきました個人情報は、当該参加募集以外の目的では利用いたしません。
(宛先)
 〒100−8914
東京都千代田区永田町1−6−1
内閣府大臣官房政府広報室  新しい国民との対話 参加係
FAX:03−3581−1913
内閣官房ホームページ(http://www.cas.go.jp/)からもお申し込みいただけます。
 
4.当日会場で発言を希望される方へ
 当日の議事進行の参考とするため、今回のテーマ「行政改革」について当日会場にて発言を希望される方は、参加申し込みの際にハガキ等にその旨ご記入下さい。また、発言事項や発言内容がお決まりでしたら、60字以内で併せてご記入下さい。
なお、時間の都合上、発言希望者全員にはご発言いただけない可能性がありますのであらかじめご了承下さい。
 
5.インターネットでの配信について
 当日の会場の模様は収録しており、後日インターネットで配信する予定ですので、発言者、参加者の映像が配信される可能性があることをあらかじめご了承下さい。
 
6.本件お問い合わせ先
内閣官房内閣広報室 03-5253-2111(82709,82726) 柿原、中島
内閣府大臣官房政府広報室 03-5253-2111(84305) 高山