このページの本文へ移動

イベント情報

第2回薬剤耐性普及啓発活動PDF 第2回薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰の取組事例の募集について

第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集について(YouTube)

目的

見出し線

薬剤耐性(AMR)対策の普及啓発活動の取組事例を広く募集し、優良事例を表彰することで、薬剤耐性(AMR)対策に係る自発的な活動を喚起奨励し、また、各分野における活動の参考となる事例を示すこと等により、薬剤耐性(AMR)対策の全国的な広がりを促進することを目的とします。

応募対象者

見出し線

薬剤耐性(AMR)対策の普及啓発活動に取り組んでいる個人又は団体を対象とします。自薦、他薦は問いません。

応募の部門

見出し線

1. 国民部門

国民一人ひとりの普及啓発の取組又は以下の2.~4.の横断的な取組

2. 医療部門

患者・医療従事者等への普及啓発の取組

3. 研究・教育部門

研究者・研究機関による普及啓発又は教育関係者・子供等への普及啓発の取組

4. 動物部門

獣医療等関係者への普及啓発の取組

※表彰については、「薬剤耐性対策推進国民啓発会議議長賞」、「文部科学大臣賞」、「厚生労働大臣賞」、「農林水産大臣賞」及び「「薬剤耐性へらそう!」応援大使賞」を交付することにより行います。各大臣賞については、それぞれの大臣が行う政策上の観点から適当であると認められるものに対して交付します。

応募方法

見出し線

募集要綱、応募フォーム(申請書)をダウンロードし、募集要綱を参照の上、記入した応募フォーム(申請書)を事務局あてに電子メールで送付してください。


※応募フォーム(申請書)の他に、パンフレット等の参考資料の提出も可能です。参考資料については、下記の記載事項に注意し、応募フォーム(申請書)と併せて電子メールで提出してください。


  • ・参考資料として映像資料等を添付する必要がある場合には、DVD等を用いて 郵送で提出すること。
  • ・参考資料(映像資料は除く)はA4用紙10枚以内(両面可)に収めること。
  • ・冊子、パンフレットなどは該当箇所のみ(コピー可)提出すること。

申請書提出先

見出し線

第2回薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰事務局
(内閣官房国際感染症対策調整室)
【申請書及び参考資料(映像資料等を除く)】

E-mail:
kanboukansensyou●cas.go.jp

【映像資料等の参考資料】

 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎8号館

※迷惑メール防止対策等のため、@を●と置き換えて表記しています。メール送信時は@に置き換えをお願いいたします。

今後のスケジュール

見出し線

(1)募集期間 平成30年5月28日(月)~6月29日(金)(事務局必着)
(2)審査結果発表 平成30年10月頃(予定)
(3)表彰式 平成30年11月頃(予定)

問い合わせ窓口

見出し線

内閣官房国際感染症対策調整室

担当:
五十嵐、長島、武藏
住所:
100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
TEL:
03-6257-1310(直通)
E-mail:
kanboukansensyou●cas.go.jp

※迷惑メール防止対策等のため、@を●と置き換えて表記しています。メール送信時は@に置き換えをお願いいたします。

Twitterにて首相官邸から災害関連の政府活動情報をお届けしております。最新情報をご覧いただくには、下記アカウントのフォローをお願いします。

首相官邸 災害・危機管理情報