このページの本文へ移動

国際感染症対策調整室の取組

ジカウイルス感染症

ジカウイルス感染症について

見出し線

ジカウイルスに感染することによって発症する病気です。蚊によってウイルスが媒介されて感染するほか、性行為による感染事例も報告されています。感染者のうちおよそ8割の人には、ほとんど症状が現れません。残り2割の人に軽度の発熱、発疹、結膜炎等の症状が出ることがありますが、通常は比較的症状が軽く、特別な治療を必要としません。妊娠中に感染すると、胎児に小頭症など、先天性障害を来たす可能性があります。

Twitterにて首相官邸から災害関連の政府活動情報をお届けしております。最新情報をご覧いただくには、下記アカウントのフォローをお願いします。

首相官邸 災害・危機管理情報