このページの本文へ移動

薬剤耐性(AMR)対策のロゴマークについて

薬剤耐性(AMR)対策ロゴマーク

薬剤耐性(AMR)対策ロゴマーク

薬剤耐性(AMR)対策ロゴマークの紹介

見出し線

◇ 作成の目的

 薬剤耐性(AMR)対策への人々の理解と関心を高め、薬剤耐性対策の推進に資することを目的とし、薬剤耐性対策を実施する機関等が使用出来る、薬剤耐性対策のシンボルとなるロゴマークを作成しました。

◇ ロゴマークの意味

 抗菌薬の効果による病原菌の減少・死滅と薬剤耐性菌の出現・増殖をグラフのイメージで表現 (縦軸:病原菌の数,横軸:時間の経過)

薬剤耐性(AMR)対策ロゴマーク2

  • a. 感染した病原菌が増殖して感染症を発症
  • b. 抗菌薬の効果により病原菌が減少
  • c. 医師などの指示に従い、用法・用量を守って抗菌薬を服用した場合、病原菌は死滅
  • d. 途中でやめてしまうなど、不適切に抗菌薬を使用した場合、薬剤耐性菌となった病原菌が増殖

※なお、「AMR」という文字が隠れて見える、ということも、本ロゴマークのポイントです!

薬剤耐性(AMR)対策ロゴマーク2

ロゴマークの使用申請について

見出し線

 一般の企業・団体が本ロゴマークを薬剤耐性対策の普及啓発活動での活用を希望する場合は、内閣官房国際感染症対策調整室に使用の申請をし、承認を受けることで、ロゴマークを使用することができます。


◇ 申請の流れ

ロゴマーク使用開始予定日の3週間前までに次の(1)と(2)の手続きを完了してください。

  • (1)「薬剤耐性(AMR)対策のロゴマーク使用規約」及び「薬剤耐性(AMR)対策のロゴマーク利用ガイドライン」に同意する。
  • (2)「薬剤耐性(AMR)対策のロゴマーク使用申請書」に必要事項を記入し、必要な添付書類を添えて郵送する(封筒には朱書きで「薬剤耐性(AMR)対策のロゴマーク使用申請書在中」と明記する)。

以上で申請手続きは完了です。

申請いただいた内容を事務局で確認し、申請者へロゴマークを電子媒体にて送付します。
ロゴマーク送付の目安は、申請を受け付けてから1~2週間ほどです。


■規約/申請書/ガイドライン

<ご確認いただく資料>

<申請いただくもの>

■申請書及び添付資料の送付先

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房国際感染症対策調整室


※留意事項
本ロゴマーク使用申請書郵送の際には、封筒に朱書きで「薬剤耐性(AMR)対策のロゴマーク使用申請書在中」と明記してください。
ロゴマーク使用開始日の3週間前までに使用申請書の郵送を完了してください。


問い合わせ窓口

見出し線

内閣官房国際感染症対策調整室
TEL:03-6257-1308(直通)

Twitterにて首相官邸から災害関連の政府活動情報をお届けしております。最新情報をご覧いただくには、下記アカウントのフォローをお願いします。

首相官邸 災害・危機管理情報
toTopページの先頭へ戻る
内閣官房 国際感染症対策調整室

Coordination Office of Measures

on Emerging Infectious Diseases,

Cabinet Secretariat

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

代表:03-5253-2111

Copyright c 2017 Coordination Office of Measures on Emerging Infectious Diseases, Cabinet Secretariat