このページの本文へ移動

薬剤耐性(AMR)対策推進月間(11月)における取組予定について(平成29年度)

薬剤耐性(AMR)に係る全国的な普及啓発活動を推進するため、毎年11月を「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」(以下、「推進月間」という。)に設定しております。
 政府では、本年度の推進月間において、主に以下の取組を実施する予定です。

府省名 種別 内容
内閣官房 会議 第2回薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議を開催予定(10月)
政府広報 政府広報ラジオでの広報を実施予定
イベント 世界科学館サミット(11/15~17)において、ポスターセッションにて発表予定
ポスター AMR対策に関するポスターを作成し、ホームページに掲載・庁舎内に掲示予定
Youtube 「薬剤耐性へらそう!」応援大使を活用した普及啓発動画等を掲載予定
その他 賛同団体とりまとめ・公表予定
電光掲示板、首相官邸新着情報メール、ツイッター等で月間について周知予定
内閣府食品安全委員会 その他 フェイスブック、オフィシャル・ブログ、メールマガジン等で月間について周知予定
文部科学省 その他 ツイッター等で月間について周知予定
厚生労働省 会議 AMRワンヘルス東京会議を開催予定(11/13・14)
イベント ワンヘルスシンポジウム開催(11月、農水省との共催)
広報 AMR臨床リファレンスセンターにおける広報強化月間に設定する予定
その他 AMR臨床リファレンスセンターが普及啓発のため、AMRに関する動画や記事をサイト上に公開し、情報発信予定
農林水産省 通知 都道府県、生産者・生産資材・獣医師関連団体等に対して、推進月間の周知、薬剤耐性対策の一層の徹底を依頼(9~10月)
優良事例 優良事例の紹介・周知(11月)
ホームページ 普及啓発ツール(ポスター、リーフレット等)の掲載(9~10月)、優良事例の掲載(11月)
その他 賛同団体に対して、普及啓発活動の推進を依頼(9~10月)
メールマガジン、ツイッター等で月間について周知予定
イベント ワンヘルスシンポジウム開催(11月、厚労省との共催)、水産養殖衛生管理技術者養成研修会開催(11月)

推進月間では、政府機関だけではなく民間の様々な団体が一体となって、普及啓発に係る取組を重点的に実施していくとともに、推進月間を通じて国民一人ひとりの主体的な取組を促していきます。

  • ●問合せ先
  • ◇内閣官房における取組予定について
  •   内閣官房国際感染症対策調整室
  •   担当:片山、藤井、長島、田中
  •   〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
  •   TEL: 03-6257-1308(直通)
  •   FAX: 03-3501-3973
  •   E-mail: kanboukansensyou@cas.go.jp

  • ◇内閣府食品安全委員会における取組予定について
  •   内閣府食品安全委員会事務局
  •   担当:評価第二課 大倉、青山
  •   〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル22F
  •   TEL:03-6234-1094

  • ◇文部科学省における取組予定について
  •   文部科学省
  •   担当:研究振興局研究振興戦略官付 齋藤、加賀
  •   〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
  •   TEL: 03-5253-4111(内線4393)

  • ◇厚生労働省における取組予定について
  •   厚生労働省
  •   担当:健康局結核感染症課 野田、髙倉
  •   〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
  •   TEL: 03-5253-1111(内線 2935)

  • ◇農林水産省における取組予定について
  •   農林水産省
  •   担当:消費・安全局畜水産安全管理課 関谷、岡村
  •   〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
  •   TEL: 03-3502-8111(内線 4532)

Twitterにて首相官邸から災害関連の政府活動情報をお届けしております。最新情報をご覧いただくには、下記アカウントのフォローをお願いします。

首相官邸 災害・危機管理情報
toTopページの先頭へ戻る
内閣官房 国際感染症対策調整室

Coordination Office of Measures

on Emerging Infectious Diseases,

Cabinet Secretariat

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

代表:03-5253-2111

Copyright c 2017 Coordination Office of Measures on Emerging Infectious Diseases, Cabinet Secretariat