竹島資料ポータルサイト(Takeshima Archives Portal)

トップページ > 『鳥取県史3』 近世 政治

ここからが本文です。

『鳥取県史3』 近世 政治

村川・大谷両氏の漂流記録 
米子の海運業者村川・大谷両氏の事蹟については「いわゆる「竹島渡海」としてあまりにも有名であり、(略)大谷甚吉は元和の初年、但馬国から米子に移住し、北陸方面を相手として海運業を営んだ。

資料タイトル 『鳥取県史3』 近世 政治
作成年月日(西暦) 1979年03月
作成年月日(和暦) 昭和54年03月
編著者 鳥取県
発行者
収録誌
資料概要 『鳥取県史』3巻の「藩政の確立と藩政組織」の章(568~570頁)で、米子・倉吉の初期町人として、大谷家、村川家に関する記述があり、竹島(鬱陵島)渡航の背景が記されている。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 米子市立図書館新しいウィンドウで開く
媒体種別
数量 4ページ
資料番号 T1979030000103
利用方法 米子市立図書館で利用手続きを行う
注意事項