竹島資料ポータルサイト(Takeshima Archives Portal)

トップページ > 竹島問題 韓国に口上書 国際司法裁提訴に合意求む(毎日新聞)

ここからが本文です。

竹島問題 韓国に口上書 国際司法裁提訴に合意求む(毎日新聞)

日本の抗議を全く無視
日本海の弧島"竹島"をめぐる日韓両国間の紛争は一向解決の方向に進まないので、政府は二十四日の問題で竹島問題を国際司法裁判所に付託する方針を決定したが、二十五日午前十一時半奥村外務次官は在日韓国代表部金公使を招き、このむね申入れるとともに付託につき合意されたいむねの口上書を手交した。これに対し金公使は"本国政府に直ちに取次ぐ。回答は指示あり次第お伝えする"と答えたが、従来の経緯からみて韓国側が特別合意書作成に同意する見通しは薄く、政府としては合意しない場合は韓国に弱味のある証左であり、また合意のうえ提訴となった場合はわが国の勝訴は明らかだとしている。なお外務省では同日正午大要次のように竹島問題の経緯などにつき発表した。

資料タイトル 竹島問題 韓国に口上書 国際司法裁提訴に合意求む(毎日新聞)
作成年月日(西暦) 1954年09月25日
作成年月日(和暦) 昭和29年09月25日
編著者
発行者 (株)毎日新聞社 ((有)新聞資料出版)
収録誌 毎日新聞<東京・夕刊> (新聞集成昭和編年史 昭和29年版Ⅴ)
資料概要 外務省は竹島問題の国際司法裁への提訴について、韓国側の合意を得るため韓国駐日大使に文書を渡した。しかし、韓国の合意を得ることは難しいという見通し等について詳しく伝えている。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 島根県立図書館新しいウィンドウで開く
媒体種別
数量 2ページ
資料番号 T1954092500202
利用方法 島根県立図書館で閲覧
注意事項