竹島資料ポータルサイト(Takeshima Archives Portal)

トップページ > 竹島渡海由来記抜書

ここからが本文です。

竹島渡海由来記抜書

一、厳有院様御代竹嶋之道筋廿町斗廻申候小嶋御座候
草木無御座岩山ニて御座候廿五年以前阿倍四郎五郎様
御取持を以拝領則船渡海仕候此小嶋ニても海鹿魚油
少宛所務仕候右之小嶋へ隠岐国嶋後福浦より海上
六拾里余も御座候事。

※一、厳有院様(四代将軍家綱)の代に、竹島への道筋に、周囲が二十町ほどの小島があり、この島は草木もない岩島でした。今から二十五年前に阿倍四郎五郎様のお取持で拝領しましたので、船で渡海し、この小島でもアシカ油を少しずつとる仕事をしました。この小島へは隠岐国の島後の福浦から海上六拾里余りあります。

資料タイトル 竹島渡海由来記抜書
作成年月日(西暦) 1868年02月
作成年月日(和暦) 明治元年02月
編著者 大谷九右衛門勝広
発行者
収録誌
資料概要 大谷家の由緒と竹島(現在の鬱陵島)渡海の由来に関わる記録。米子の大谷・村川両家は江戸時代の初期17世紀に幕府の許可を得て竹島(現在の鬱陵島)へ出漁し、行く途中にある松島(現在の竹島)でも漁を行っていたことが示されている。岡嶋家8代正脩が、明治元(1868)年、筆写したと考えられる。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 鳥取県立博物館新しいウィンドウで開く
媒体種別
数量 3ページ
資料番号 T1868020000103
利用方法 鳥取県立博物館で利用手続きを行う
注意事項