尖閣諸島資料ポータルサイト(Senkaku Islands Archives Portal)

トップページ > ラサ島の燐鉱に就て

ここからが本文です。

ラサ島の燐鉱に就て

 併し尚ほ尖閣列島の中の無人島などに行きますと、信天翁が樹木のないところにずつと巣を拵えて居ります、

資料タイトル ラサ島の燐鉱に就て
作成年月日(西暦) 1914年
作成年月日(和暦) 大正3年
編著者 恒藤規隆
発行者 東京地学協会
収録誌 地学雑誌VOL.26(1914)No.4 pp.259-271
資料概要 農学博士恒藤規隆によるラサ島(沖大東島)の燐鉱についての講演(後半)。沖縄の無人島(尖閣諸島)におけるアホウドリの生態と羽毛採取が原因で同島の生息数が著しく減少していることなどを報告している。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 J-STAGE新しいウィンドウで開く
媒体種別 PDF
数量 13
資料番号 S1914000000103
利用方法 J-STAGEで利用許諾申請を行う
注意事項