尖閣諸島資料ポータルサイト(Senkaku Islands Archives Portal)

トップページ > 野田山隈諸氏の一行(九州日日新聞)

ここからが本文です。

野田山隈諸氏の一行(九州日日新聞)

●野田山隈諸氏の一行
 南洋遠征隊野田山隈等諸氏が那覇港出発の報は過日の紙上に掲げしが近着の琉球新報に拠れば氏等の一行は其後無事先島に着し・・・去る三十日無人島なる魚釣島へ向け出発したり云々と見へたり。

資料タイトル 野田山隈諸氏の一行(九州日日新聞)
作成年月日(西暦) 1893年10月24日
作成年月日(和暦) 明治26年10月24日
編著者
発行者 九州日日新聞社
収録誌 1893年10月24日付九州日日新聞
資料概要 熊本県の地元紙『九州日日新聞』が報じた琉球新報からの引用記事。尖閣諸島近海における新漁場開拓を目指す熊本県人野田正ら一行が石垣島に到着後、同魚釣島へ向け出発した事を伝えている。
記事の背景を略述する。野田正、山隈惟勇ら熊本国権党に属する同県人らは1893年6月から7月にかけて沖縄諸島を探険し、熊本に帰県。その後8月に熊本を出発、笹森儀助著『南島探験』によると8月末日には那覇港に到着し、9月初頭には八重山諸島ヘ出帆した。記事は八重山石垣島に到着後の動向を記している。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 国立国会図書館新しいウィンドウで開く
媒体種別 マイクロフイルム
数量 1
資料番号 S1893102400102
利用方法 国立国会図書館新聞資料室で利用許諾申請を行う
注意事項