尖閣諸島資料ポータルサイト(Senkaku Islands Archives Portal)

トップページ > [写]魚釣島外二島巡視取調概略

ここからが本文です。

[写]魚釣島外二島巡視取調概略

魚釣島外二島巡視取調概略 
 魚釣島久場島及久米赤島実地視察ノ御内命ヲ奉シ去十月二十二日本県雇汽船出雲丸ニ乗組宮古石垣入表諸島ヲ経テ本月一日無恙同行ノ十等属久留彦八警部補神尾直敏御用掛藤田千次巡査伊東祐一同柳田弥一郎ト共ニ帰港セリ依而該視察ニ係ル取調概略左ニ開陳ス

関連資料 S1885120800101
資料タイトル [写]魚釣島外二島巡視取調概略
作成年月日(西暦) [1885年11月04日]
作成年月日(和暦) [明治18年11月04日]
編著者 [沖縄県五等属石澤兵吾]
発行者
収録誌 沖縄県ト清国福州トノ間ニ散在スル無人島ヘ国標建設ノ件
資料概要 1885年の沖縄県による尖閣諸島現地調査の際に報告された、沖縄県五等属(県職員)石澤兵吾による尖閣諸島現地調査復命書(写)。石澤以下調査団6名は魚釣島に上陸、同島の地勢及び開拓の可否(島の植生・生息する動物等)を調べ、特に島の地質とアホウドリの群生する様子を詳述し、岩石数点とアホウドリ数十羽(附卵数百個)を沖縄県庁に持ち帰った。魚釣島を出帆後、久場島を艦上より望見、大正島(久米赤島)は暗夜の為確認できなかったことを報告した。内務省罫紙。
言語 日本語
公開有無
所蔵機関 国立公文書館新しいウィンドウで開く
媒体種別 紙/公文書綴
数量 7
資料番号 S1885110400201
利用方法 国立公文書館で利用許諾申請を行う
注意事項