国家公務員 CAREER GUIDE

ENTRY / MYPAGE

四季折々に豊かな表情をみせる森林や渓谷。苔むした山岳地帯。希少な動植物が生息・生育する湿地。色とりどりの魚で賑わうサンゴ礁。日本には世界に誇る自然風景がたくさんあります。国立公園として定められたそれらの地域を、守り伝えていくのが私たちレンジャーの使命です。みなさんは、山の中で茶色いコンビニを見かけたことはありませんか?あれは、自然の風景を損ねないよう建物の色や高さに規制をかけているんです。公園内の開発が適正に行われるよう、その許認可を出すのが私たちの仕事のひとつ。

また、登山道の設置やビジターセンターの運営といった施設の整備・管理、清掃活動、巡視など、多くの人に自然のすばらしさを伝え、楽しんでもらえるよう施策を進めています。現在、私が担当しているのは、秩父多摩甲斐国立公園です。1都3県にまたがり、全国に32ある国立公園の中でもその大きさはトップクラス。壮大な自然の中に身をおき、その息づかいを五感で感じながら、仕事に取り組める。この環境は、特別だと思いますね。

この仕事で重要なのは、人と自然が共生する形をつくり続けていくことだと思います。日本は狭い国土に多くの人が暮らす国。国立公園内にも多くの人が住んでいます。地域住民の理解が得られなければ、公園の管理は成り立ちません。たとえば行為規制についても、葉っぱ一つとるのにも許可が必要な場所と、人の生活に支障がでないよう、規制が緩やかな場所をわけるなど、エリアごとに強弱をつけるなどの工夫が必要です。人々の生活と自然の両方を守っていく方法を模索していきます。

それは決して簡単なことではなく、時には調整が難航することもあります。そこにこの仕事の難しさを感じるとともに、私たちの仕事の重要性も感じます。カモシカ、ツキノワグマ、ニホンザルにニホンジカ。日本を代表する素晴らしい風景や、とても美しい花をさかせる植物。そうした豊かな自然を目の当たりにしながら、人間の生活に向き合っていく。大変なこともありますが、やりがいの大きさも十分実感しています。

今、ニホンジカの対策に取り組んでいます。実は増え過ぎたシカが、樹皮を剥いで木々を枯らしてしまったり、希少な植物を食べてしまうことなどにより、森林生態系を衰退させるという事態を引き起こしているんです。解決のために、どういう対策をとっていくべきか、自治体、関係省庁、専門家、地域の方など、実に多くの関係者が情報交換しながら協力体制をとっています。私たちも、地域ボランティアの方と一緒に樹木に保護ネットをまいたり、希少植物を囲う柵を設置したりしています。また、植生調査を続けながらその効果を検証しています。

この自然美はいろんな人の理解と協力の積み重ねの上に成り立っています。だからこそ、ぜひもっと多くの人に知ってもらいたいと思いますね。ときどき開催する「自然ふれあい活動」では、例えばこどもたちと動物の足跡や糞を探したり、果実をかじったあとからどんな動物がいるか考えたり、自然を楽しんでもらえるよう工夫しています。まず自然の良さを知ってもらい、親しみを持ってもらう。そこから自然を大事に想う気持ちを育ててもらえたら嬉しいです。

昔から山登りが好きで、高校生のときは山岳部、大学でもワンダーフォーゲルクラブでした。でも活動を続ける中で、トイレが汚かったり、登山道が複線になっていたり、植物が踏み荒らされている現場にも遭遇して。こうした問題を解決したいと思い、環境省の仕事に興味を持ちました。大好きな山に関わりたいという想いも強かったので、全国の美しい自然を舞台に仕事ができるというのも、大きな魅力でしたね。今、レンジャーになって8年目ですが、やはりこの仕事が好きです。

たとえば、自然ふれあい活動に参加した方が、「こんなきれいな場所があったんだ」と喜んでくださる。自分が許認可に携わった建物が、自然になじむ形で設置されているのを確認できる。こうして自分の仕事の成果を直接実感できるのは何よりのやりがいです。
仕事で山小屋に泊まることもあります。周りから「大変だね」といわれますが、私にとっては最高の仕事。地域の自然とそこに関わる人たちからたくさんのことを学びながら、今後も成長していきたいと思っています。

山梨で生まれ、自然を身近に感じながら幼少期を過ごす。高校生の頃から自然と人の関わり方に興味を持ち、大学も生物資源学類へ進学。学生時代は森林生態学、植生学の研究をすすめる傍ら、部活動では山登りに没頭。入省後は九州、近畿地方の国立公園を担当した後、地球環境局で発展途上地域への環境協力に関する業務に従事。2013年より現職。プライベートでは同年に結婚。今後も家庭と仕事の両立をはかりたいと語る。