国家公務員 CAREER GUIDE

ENTRY / MYPAGE

SPECIAL CONTENTS

国家公務員の仕事は、国民の「想い」を形にする仕事。
そのためには、さまざまな意見の間で折り合いをつけたり、さまざまな人に説明して理解を得たり、地道な活動の積み重ねが必要。
けれども、それがたとえ小さな事の積み重ねであっても、自分のやってい ることが国民のためになっていると思うと、ちょっと誇らしい。 だから私は、国家公務員であり続ける。 今口も、明口に向けて、着実に一歩ずつ前進していこう。 国家公務員の仕事は、国民の「想い」を形にする仕事。
そのためには、さまざまな意見の間で折り合いをつけたり、さまざまな人に説明して理解を得たり、地道な活動の積み重ねが必要。
けれども、それがたとえ小さな事の積み重ねであっても、自分のやってい ることが国民のためになっていると思うと、ちょっと誇らしい。 だから私は、国家公務員であり続ける。 今口も、明口に向けて、着実に一歩ずつ前進していこう。
主人公の濫本主和は入省以来国景公務員の仕事に対して学生時代に抱いていたイメージと現実の仕事とのギャップに悩んでいた。ある日、内閣官房内内閣人事局の「国家公務員の働き方改革」を担当する部署に異動になるが、その仕事も自分の関心からは遠く、また、日々の業務も「政策立案」とは遠いと感じていた。ある日、国家公輸員の働き方改革に関する「取組指針」を改訂するためのアイディア出しを頼まれた美和。主体的に政策立案に携われる喜びから、これまでの「取組指計」を一新する抜本的なアイディアを提案する。上司の高見(参事官補佐)をはじめ、周りからは厳Lい反応を受け自信をなくしてしまうが…。 主人公の濫本主和は入省以来国景公務員の仕事に対して学生時代に抱いていたイメージと現実の仕事とのギャップに悩んでいた。ある日、内閣官房内内閣人事局の「国家公務員の働き方改革」を担当する部署に異動になるが、その仕事も自分の関心からは遠く、また、日々の業務も「政策立案」とは遠いと感じていた。ある日、国家公輸員の働き方改革に関する「取組指針」を改訂するためのアイディア出しを頼まれた美和。主体的に政策立案に携われる喜びから、これまでの「取組指計」を一新する抜本的なアイディアを提案する。上司の高見(参事官補佐)をはじめ、周りからは厳Lい反応を受け自信をなくしてしまうが…。
主人公の濫本主和は入省以来国景公務員の仕事に対して学生時代に抱いていたイメージと現実の仕事とのギャップに悩んでいた。ある日、内閣官房内内閣人事局の「国家公務員の働き方改革」を担当する部署に異動になるが、その仕事も自分の関心からは遠く、また、日々の業務も「政策立案」とは遠いと感じていた。ある日、国家公輸員の働き方改革に関する「取組指針」を改訂するためのアイディア出しを頼まれた美和。主体的に政策立案に携われる喜びから、これまでの「取組指計」を一新する抜本的なアイディアを提案する。上司の高見(参事官補佐)をはじめ、周りからは厳Lい反応を受け自信をなくしてしまうが…。 主人公の濫本主和は入省以来国景公務員の仕事に対して学生時代に抱いていたイメージと現実の仕事とのギャップに悩んでいた。ある日、内閣官房内内閣人事局の「国家公務員の働き方改革」を担当する部署に異動になるが、その仕事も自分の関心からは遠く、また、日々の業務も「政策立案」とは遠いと感じていた。ある日、国家公輸員の働き方改革に関する「取組指針」を改訂するためのアイディア出しを頼まれた美和。主体的に政策立案に携われる喜びから、これまでの「取組指計」を一新する抜本的なアイディアを提案する。上司の高見(参事官補佐)をはじめ、周りからは厳Lい反応を受け自信をなくしてしまうが…。
制作にあたって「国景公務員になった後に職員一人一人がどのように国の政国立黒に員わるのか具体的にイメージできない」という声をよく耳にします。このムービーは、そんな声を受け、1人の若手職員が国家公務員の仕事と向き合う姿を通じて、国の政策立案の現場の一部を知ってもらいたいという想いで制作しまレた。リアリティを追及するため、
        撮影の多くは実際の庁含や執務室を便用して撮影しています。このムービーを通じて、国家公務員の仕事のイメージの一部分でも掴んでいただけたら幸いです。 制作にあたって「国景公務員になった後に職員一人一人がどのように国の政国立黒に員わるのか具体的にイメージできない」という声をよく耳にします。このムービーは、そんな声を受け、1人の若手職員が国家公務員の仕事と向き合う姿を通じて、国の政策立案の現場の一部を知ってもらいたいという想いで制作しまレた。リアリティを追及するため、
        撮影の多くは実際の庁含や執務室を便用して撮影しています。このムービーを通じて、国家公務員の仕事のイメージの一部分でも掴んでいただけたら幸いです。