国家公務員 CAREER GUIDE

ENTRY / MYPAGE

採用担当者からのメッセージ 採用担当者からのメッセージ

キャリアパスについて キャリアパスについて

係長級(事務)【総合職相当】
  • 会計検査院

    会計検査院

    経験者採用試験からの採用者も他の試験区分の採用者と同様に検査業務に従事することになります。調査官として、社会保障、科学技術、防衛、経済協力など多様な行財政分野で検査経験を積んでいただきます。

  • 内閣府

    内閣府

    法律系職員を志望される方は男女共同参画、共生社会政策などを中心に、経済系職員を志望される方は、経済財政部局、経済社会総合研究所などを中心にキャリアパスを積んでいくこととなります。

  • 金融庁

    金融庁

    部下を率い、チームの指揮を取る課長補佐を支える係長からキャリアを積んで頂きます。しばらく係長として働いた後、課長補佐級へとステップアップして頂きます。

  • 総務省

    総務省

    本省だけでなく、他府省や地方自治体、海外の大使館・領事館など幅広いフィールドで活躍の機会があります。

  • 公安調査庁

    公安調査庁

    本庁採用後、2年目から全国の公安調査局・事務所(現場)で調査業務を担当し、その後は2~3年のサイクルで本庁や現場で勤務をします。この間、内閣官房や外務省(在外公館)等の他省庁へ出向することもあります。

  • 外務省

    外務省

    入省後は外務省総合職相当職員として外務本省及び在外公館において幅広い分野・地域を担当し、将来的に管理職に就くことが期待されます。

  • 財務省

    財務省

    係長として各課に配属され、当該課の政策立案を担う課長補佐をサポートし、入省数年後には自ら課長補佐として政策立案の担当者となります。他の総合職職員と同様に、財務省内外で経験を積むことになります。

  • 厚生労働省

    厚生労働省

    採用後は、係長級の職務に従事する職員と同等の職務に従事していただきます。法令業務など多様な業務経験を通じ省の中核を担う職員として必要な資質を身につけるとともに、職員の適性・能力を踏まえた専門性を高めるような人員配置が行われます。

  • 農林水産省

    農林水産省

    総合職係長級ポスト(新卒採用の場合、5年目に相当)からのスタートとなります。1~3年ごとに異動し、様々なポストを経験します。

  • 経済産業省

    経済産業省

    経済産業政策の企画・立案を担当する総合職の係長相当職として採用された後、多様な業務経験を通じて、広範な知識、国際感覚、人的ネットワーク等を身につけ、組織・社会のリーダーとして活躍していただくことになります。

  • 国土交通省

    国土交通省(本省)

    当初は係長級のポストに採用され、その後は政策の企画・立案を主たる業務とする総合職事務系の職員として登用されます。本省勤務のほか、地方機関、地方公共団体、在外公館勤務等への出向機会もあります。

  • 環境省

    環境省

    採用後、本人の素養、能力や興味分野に応じて、原則として係長級のポストに配属。配属分野における環境政策の企画立案及び係のマネジメントを担当し、新卒採用職員と同様に、成果等を考慮した異動・昇進となります。

外務省書記官級
  • 外務省

    外務省

    入省後は外務省専門職相当職員として,専門分野や語学力に応じて本省及び在外公館に勤務します。能力及び勤務実績に応じて昇進し,優秀な方については本省幹部や在外公館長への道も開かれています。

国税調査官級
  • 国税局

    国税局

    採用後は、研修所において3か月程度税法及び会計等に関する研修を受講した後、税務署に配属になります。その後の勤務成績等により、国税局等に登用されることもあります。

係長級(技術)【総合職相当】
  • 農林水産省

    農林水産省

    総合職係長級ポスト(新卒採用の場合、5年目に相当)からのスタートとなります。1~3年ごとに異動し、様々なポストを経験します。

  • 国土交通省

    国土交通省(本省)

    当初は係長級のポストに採用され、その後は様々な業務経験を積みながら政策の企画・立案の中心として活躍していただきます。また、本省勤務のほか、地方機関、地方公共団体、在外公館勤務等への出向機会もあります。

  • 国土交通省

    国土交通省
    (地方整備局・北海道開発局)

    これまで培ってきた専門的な知識と経験を即戦力として発揮していただくため、業務遂行の先頭に立つ係長としての職務に就いてもらいます。その後は、同年代の職員と同様に、経験や能力に応じたキャリアパスを歩んでいきます。

  • 気象庁

    気象庁

    全国の地方気象台及び管区気象台等の係長級(技術専門官)として採用後、気象業務の経験を積みながら専門性を高めていただき、同年代の職員と同様、能力等に応じてキャリアパスを歩んでいきます。(管理職への登用の道あり)

係長級(技術)【総合職相当】
  • 観光庁

    観光庁

    係長級として採用後は他の職員と区別されることはありません。能力、経験に応じて異動や研修等を行います。勤務先は本庁を中心に、他省庁や地方、海外勤務をしていただくことになります。

経験者採用試験による採用者からのメッセージ 経験者採用試験による採用者からのメッセージ

係長級(事務)【総合職相当】
  • 会計検査院

    会計検査院

    これまでの会計監査等の知識や経験を最大限活かせると考え会計検査院を選びました。民間の知識や経験は有用であると実感するとともに、国のフィールドに刺激を受けながら勤務しています。

  • 内閣府

    内閣府

    内閣府は設置以来、仕事が年々増えている霞が関の成長業種です。多くのカウンターパートと政策を調整していく中で、時の看板政策を支えているというやりがいを感じています。

  • 金融庁

    金融庁

    金融庁では金融に関する企画立案から金融機関に対する検査・監督、金融規制を巡る国際交渉等、幅広い業務ができることを魅力的に感じ志望致しました。そのような金融庁の業務にご関心のある方の応募をお待ちしております。

  • 公安調査庁

    公安調査庁

    公共の安全を守るために,幅広い調査・分析が必要とされる当庁では,多様なバックグラウンドを持つ人材が求められています。私自身,前職で培った知識やスキルを非常に活かせており,経験者採用の意義を感じています。民間等で御活躍された皆様の経験は,当庁にとっても貴重なものであり,是非積極的にアピールしてください。

  • 外務省

    外務省

    外交に関わる仕事をしており、毎日大変やりがいを感じております。前職でも海外とのやりとりをしておりましたが、国際社会において日本の国益を増進させることは、他の仕事では絶対に味わえない面白さがあると感じています。ご興味のある方は是非受験をご検討頂ければと思います。

  • 財務省

    財務省

    扱う政策の幅広さや優秀な職員が多いことに加え、役職の上下に関係なく自由闊達な議論ができることが財務省の大きな魅力であり武器です。このことが日々の挑戦の中で自分の成長に直結していると感じます。

  • 厚生労働省

    厚生労働省

    人口減少と少子高齢化の急速な進展によって、これからの働き方や社会保障の在り方など、国民的な議論の喚起と変革を必要とする厚生労働分野の課題は、年々増加しています。時代の大きな流れに「率先垂範」の精神で、身を投じてみてはいかがでしょうか。

  • 農林水産省

    農林水産省

    農林水産省を選んだ理由は、人類の未来を左右するほどの大きな課題である「食」と、それを支える農林水産業に関わる仕事に就いてみたいと考えたからです。「食」に関心のある方、ぜひ農林水産省の門戸を叩いてみてください!

  • 経済産業省

    経済産業省

    採用前は、何でもトップダウンで決まる組織かなと思っていましたが、採用されてみると、若手の意見を尊重する風土があり、居心地が良いと感じています。上司は、忙しい中でも労力を惜しまずに若手の育成に力を入れてくださり、思った以上に働きやすい環境です。
    今、日本は様々な変化の過程にあり、非常に面白い時期にあると感じています。国家公務員に興味のある方は、早めにチャレンジしていただくことをお勧めします。

  • 国土交通省

    国土交通省(本省)

    地域のまちづくりから海外インフラ展開まで、国土交通省の仕事は実に幅広く、これまでの経験・実績が活かせる分野が必ずあります。この国を強く、豊かにする仕事にぜひ一緒に取り組みましょう。

  • 環境省

    環境省

    準備では、国家公務員として働くことへの思いや自身がやりたいことを細かく棚卸ししておくと良いです。環境省は、中途入省者の民間企業での経験を活かそうと、周囲が積極的に働きかける文化があります。一人でも多くの受験をお待ちしております。

外務省書記官級
  • 外務省

    外務省

    国際協力業務で得た経験やスキルを用いて外交に貢献したいと考え入省を希望しました。働きながらの受験は大変ですが、迅速な翻訳等、自らの能力を磨く良い機会。同じ志を持つ皆さんと国内外の職場でご一緒できる日を楽しみにしています。

国税調査官級
  • 国税局

    国税局

    試験勉強は、第1次試験の2週間前から始めました。公務員教養試験の対策本で数的処理を中心に勉強しました。国税の職場の魅力は、男女差がないこと、多種多様な職務があり、適性にあった仕事があることだと思います。前職の仕事内容に関わらず、興味とバイタリティがあればぜひチャレンジしてください。

係長級(技術)【総合職相当】
  • 農林水産省

    農林水産省

    責任も大きいですが、その分やりがいもあります。現場感覚が常に求められており、民間企業等での経験は大変貴重となります。日本の農業や食品産業をより良くするため、国を背負って働く心意気のある方は是非受験していただきたいです。

  • 国土交通省

    国土交通省(本省)

    国交省で働く魅力はズバリ「日本の危機に立ち向かう」ことの一助になっていると日々実感できることです。絶対損はしないと思いますし、思いっきりチャレンジしてほしいです。

係長級(技術)【一般職相当】
  • 国土交通省

    国土交通省
    (地方整備局・北海道開発局)

    国交省での仕事は、今までの経験をよりスケールの大きな場で活かすことが出来、プロジェクト全体に関与できることにやりがいを感じました。試験は経験が重視され、前職の仕事に従事しながらでもチャレンジ可能でした。国交省の仕事に魅力を感じる方は、是非チャレンジしてください!

係長級(事務)【一般職相当】
  • 観光庁

    観光庁

    観光庁は、民間企業や地方自治体などからの出向者が多いこともあり、中途採用でも活躍出来る環境にあります。ご興味ある方は、是非、思い切って挑戦してみていただければと思います。