国家公務員になるには

一般職試験一般職試験

一般職試験は、主に、法律や政令などの執行に関わる手続きや運用などの事務処理等の業務をおこなう係員を採用するための試験です。専門分野でのスペシャリストとして、またゼネラリスト的な活躍の道もあるなど、幅広い分野の仕事があります。

採用試験情報採用試験情報

  • 受験資格
    大卒程度試験
    • 21歳以上30歳未満の方
    • ※大学・短大又は高専の卒業および卒業見込みの方は21歳未満受験可

    高卒者試験
    • 高校卒業見込み、または卒業後2年以内の方
    • ※中学卒業後2年以上5年未満の方も受験可

    社会人試験
    (係員級)
    • 40歳未満の方
    • ※高卒者試験の受験資格を有する方を除く

    ※年齢は、第一次試験がおこなわれる年度の4月1日における年齢

  • 試験区分

    専門試験は下記の区分から1つ選んで受験していただきます。

    大卒程度試験
    • ●行政
    • ●電気・電子・情報
    • ●機械
    • ●土木
    • ●建築
    • ●物理
    • ●化学
    • ●農学
    • ●農業農村工学
    • ●林学
    高卒者試験・社会人試験(係員級)
    • ●事務
    • ●技術
    • ●農業
    • ●農業土木
    • ●林業
  • 試験種目

    選択する区分によって試験種目が異なります。ご注意ください

    大卒程度試験【行政区分】高卒者試験・社会人試験(係員級)
    【事務区分】
    第一次試験 ・基礎能力試験(多肢選択式)
    ・専門試験(多肢選択式)
    ・一般論文試験
    ・基礎能力試験(多肢選択式)
    ・適性試験(多肢選択式)
    ・作文試験
    第二次試験 ・人物試験 ・人物試験
    ※「行政以外の区分」の試験種目は下の別表をご確認ください。 ※「事務以外の区分」の試験種目は下の別表をご確認ください。

    (別表)

    大卒程度試験【行政以外の区分】高卒者試験・社会人試験(係員級)
    【事務以外の区分】
    第一次試験・基礎能力試験(多肢選択式)
    ・専門試験(多肢選択式)
    ・専門試験(記述式)
    ・基礎能力試験(多肢選択式)
    ・専門試験(多肢選択式)
    第二次試験 ・人物試験 ・人物試験

    ●各試験種目について(詳細)

    < 大卒程度試験>

    基礎能力試験 公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
    専門試験 各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験
    一般論文試験 文章による表現力、課題に関する理解力などについての短い論文による筆記試験
    人物試験 人柄、対人的能力などについての個別面接

    < 高卒者試験、社会人試験(係員級)>
    ( 試験区分によって試験種目は異なります。)

    基礎能力試験 公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
    適性試験 速く正確に事務処理を行う能力についての筆記試験
    作文試験 文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験
    専門試験 各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験
    人物試験 人柄、対人的能力などについての個別面接

採用までの流れ採用までの流れ

一般職試験の合格者は、第一次試験合格後、希望する府省へ官庁訪問をおこなうことができます。最終合格後の採用に向けての重要なアピールの機会となります。

< 大卒程度試験>
< 高卒者試験、社会人試験(係員級)>
  • 試験情報についてさらに細かく知りたい方は、こちらへ(人事院HP)
  • 採用情報についてさらに細かく知りたい方は、こちらへ(人事院HP)
  • 受験の申込みはこちら(人事院HP)