内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局国家公務員の人事行政研修 > 内閣人事局が実施する研修の概要(平成29年度)

内閣人事局が実施する研修の概要(平成29年度)

名称 目的 対象者 主な研修形式
1

幹部候補育成課程中央研修
(課長補佐級)

管理職員に求められる政策の企画立案及び業務の管理に係る能力の育成を図る。 (課長補佐級)
各府省等の課程対象者である課長補佐級職員
講演、討議
2

幹部候補育成課程中央研修
(係長級)

(係長級)
各府省等の課程対象者である係長級職員
講演、討議
3

国家公務員合同初任研修
(人事院と共催)

主に政策の企画立案等の業務に従事することが想定される新規採用職員について、国民全体の奉仕者として必要な倫理感、使命感の自覚を促し、その視点から施策を考えるための見識を養うとともに、政府全体として施策に取り組めるよう相互理解を深め、一体感を体得させる。 各府省に採用され、その職務の級を行政職俸給表(一)2級に決定された職員 講演、討議
4

官民合同セミナー

複雑かつ多様化する我が国の社会経済上の諸問題について各界有識者との意見交換等により、官民の相互理解を深め、総合的観点に立った行政運営の確保に資する。 (官)本省課長級、(民)部課長級 講演、討議
5

新任管理者セミナー

本府省の新任管理者(室長級)に管理者として必要とされるマネジメント能力の向上を図るとともに、幅広い視野からの見方や発想をかん養する。 平成28年8月1日〜平成29年7月31日の間に、新たに本府省の府省令職(室長級)に昇任した職員 講演
6

人事評価に係る評価者講座

評価者の目線合わせや人事評価を人材育成に活用する手法等を学ぶことを通じ、評価者としての能力向上を図るとともに、被評価者の能力開発やスキルアップ、ひいては組織パフォーマンスの向上を図ることを目的とする。 人事評価の評価者又は調整者となっている者 演習
7

人事評価eラーニング
(評価者向け)

人事評価の目的や考え方、適正な評価手順、評語区分の趣旨など、評価制度に係る“統一的理解が求められる内容”を反復学習(定期点検)することを通じ、人事評価の仕組みを円滑・着実に機能させることを目的とする。 人事評価の評価者となっている全職員 eラーニング
8

女性活躍・ワークライフバランス推進マネジメントセミナー

女性職員の活躍と男女全ての職員のワークライフバランスに資する取組を率先して行う管理職を増やすため、管理職によるマネジメントや女性職員のキャリア形成支援について理解を深めさせる。 各府省等の時間的制約のある部下を持つ管理職 講演、討議
9

働き方改革と女性活躍、ワークライフバランス推進に係る管理職向けeラーニング

No.8の「女性活躍・ワークライフバランス推進マネジメントセミナー」(集合型研修)と併せて全ての管理職員を対象としたeラーニングを実施することにより、女性職員の活躍と男女全ての職員のワークライフバランスに資する取組を率先して行う管理職員の増加及び意識改革の徹底を図る。 各府省等の管理職員 eラーニング
10

若手女性職員キャリアセミナー

女性職員が若いうちから将来のキャリアをイメージしつつ、出産、育児といったライフイベントを経ても成長する意欲を持てるよう、キャリア形成支援を行う。 本府省等に勤務するU種、V種、一般職及び専門職の女性職員(出産、育児といったライフイベントを迎える前の職員であって、将来課長補佐等への登用が期待できる者を念頭) 講演、演習
11

中堅女性職員キャリアセミナー

係長級としての経験年数を一定程度有している中堅女性職員が、これまでの経験を振り返って自分の強み・課題を見付けるとともに、現在抱えている漠然とした不安を払拭し、昇任に対して前向きになれるよう、キャリア形成支援を行う。 係長級としての経験年数を一定程度有しているU種、V種及び専門職の女性職員のうち、能力・伸びしろがあり、職域の幅を広げ、多様な職務経験を積んでいくこと等により、今後、課長補佐級に向けた育成を加速させたいと考える者 講演、討議
12

育児休業取得者(女性職員)のための職場復帰セミナー

育児休業後の女性職員の円滑な職務復帰とその後のキャリア形成に資するよう、ワークライフバランスの推進に必要な知識等を習得させるとともに、育児休業後の具体的なキャリアデザインの形成を支援する。また、受講者間の人的ネットワークを形成する契機を提供する。 育児休業中の女性職員及び育児休業から職務復帰しておおむね1年以内の女性職員 講演、討議
13

仕事と育児の両立セミナー

育児をしながら働く職員のワークライフバランスの推進及び男性職員の家庭生活への関わりの推進に資するよう、仕事と育児の両立に向けて効率的に業務を遂行するための知識やノウハウ等を習得させる。また、受講者間の人的ネットワークを形成する契機を提供する。 共働き世帯で未就学児の子を持つ職員(女性職員及び男性職員) 講演、討議
14

性的指向・性自認に関する
勉強会

各府省等の人事担当者について、性的指向・性自認に関する理解の促進を図る。 各府省等の人事担当者 講演
15

退職準備・生涯生活設計
プログラム講習会

各府省等における退職準備・生涯生活設計プログラムの施策の充実に資するため、退職後の生活に必要な知識、長期的な視点に立った生活設計の考え方等の提供を行う。 (1)各府省等の人事等担当者
(2)各府省等に勤務する45歳以上の職員
講演
16

ニューライフサイクルを考えるセミナー

退職準備・生涯生活設計プログラム講習会のダイジェスト版として実施する。 (1)各府省等の人事等担当者
(2)各府省等に勤務する45歳以上の職員及び既退職者並びにそれらの配偶者
講演
17

キャリア・デザイン支援
セミナー

組織の活性化、公務内外での人材の有効活用に資するため、職員自らライフプランについて考え、自律的なキャリア形成を図る。 (1)各府省等の人事等担当者
(2)各府省等に勤務する40歳代の職員
講演、討議、演習
18

再任用に向けた意識改革のための「キャリア・シフトチェンジ」ワークショップ

高齢期の職員が定年後における自身のキャリア形成への気付きを得、再任用後も活き活きと働き続けることを支援し、もって、職業人生の充実及び組織の活性化を図る。 (1)各府省等の人事等担当者
(2)各府省等に勤務する55歳以上の職員で、将来、再任用を希望する職員
講演、討議、演習
19

職場の安全管理に関する
啓発講演会

国家公務員安全週間(7月1日〜7月7日)において、有識者による安全管理に関する啓発講演会の開催を通じて、国家公務員の職場の安全管理に関する意識の啓発・普及を図ることにより、安全意識の高揚及び職場の安全管理を一層充実させる。 各府省等の安全管理者、安全管理担当者、職場の管理監督者等 講演
20

健康管理に対する意識啓発
講演会

国家公務員健康週間(10月1日〜10月7日)において、健康管理に関する有識者の講演会を開催することを通じて、国家公務員の健康管理に対する意識の啓発・普及を図ることにより、職員の健康管理を一層充実させる。 各府省等の健康管理者、健康管理担当者、管理監督者等 講演
21

管理監督者のためのメンタル
ヘルスセミナー

管理監督者に対し、メンタルヘルスケアに関する知識を習得させるとともに、実際の対応について理解を深めてもらい、職員が心身ともに健康で安心できる職場環境づくりの取組や職場におけるメンタルヘルスケアを一層推進させる。 各ブロックに所在する国の機関の管理監督者(ブロック:東北、関東、近畿、四国、九州、沖縄) 講演、討議、演習
22

各府省等カウンセラー講習会

カウンセリングに関する有識者の講演等を通じて、各府省等に配置されているカウンセラーの能力向上等を図ることにより、カウンセリング制度を充実させる。 各ブロック内の国の機関のカウンセラー及びカウンセリング事務担当者(ブロック:北海道、東北、中央、北陸、中部、中国) 講演、討議、演習
23

仕事と介護の両立のための
セミナー

「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)において、公務員においても、仕事と介護を両立して活躍できる職場環境整備を推進することとされたことを受け、家族等の介護に直面したときの対応、仕事と介護の両立支援制度、介護保険サービスの利用等に関する知識・情報を受講者に提供することにより、仕事と介護の両立が可能な働き方を普及させる。 本府省及び各ブロックに勤務する職員のうち管理監督者、家族の介護が必要な職員等 講演
24

職場復帰支援・再発防止に関する担当者のための研修会

職場復帰支援・再発防止に関する必要な対応手法を習得させ、職場復帰の支援や再発防止の実効性を高める。 メンタルヘルス不調が原因で長期病休者となった部下を持つ各府省の管理監督者等 講演
25

e−ラーニングによる新任管理者等のためのメンタルヘルス講習及びハラスメント防止講習

各府省等の新任管理者等に対し、メンタルヘルス及びハラスメントに関する基礎的な知識を習得させるとともに、メンタルヘルスケア及びハラスメント防止の必要性に対する理解を深めさせる。 新任管理者等を主な対象者とし、メンタルヘルス及びハラスメントに関する知識を習得し、理解を深めることを希望する職員 eラーニング
26

人事及び労務管理者研修

統一的かつ適切な人事管理及び労務管理を実施するため、専門的な知識など各種情報の共有により、担当者の能力向上と相互の連絡強化を図ることを目的とする。 人事及び労務管理を担当する課長補佐 講演、討議

ページトップへ戻る