内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 女子学生霞が関インターンシップの実施について

平成29年度女子学生霞が関インターンシップの実施について

 内閣人事局では、参加府省と連携して、女子学生を対象とするインターンシップを昨年度に引き続き今年度も実施することとしました。
 本インターシップでは、5日間の日程の中で、1日目は内閣人事局で国の行政機関における女性活躍、ワークライフバランスの推進の取組などについて説明し、2日目以降は、2府省で政策の企画・立案プロセスの体験などを行います。
 今年度は実施グループを細分化し、選択できる省庁の組合せを大幅に増やしました。
 また、今年度は全体で約400人を受入れる予定です。

 本インターンシップでは、大学1、2年生など低学年の学生や地方大学の学生も積極的に受け入れています。
 また、理系の学生が参加しやすい技術系職種のグループも設けています。

 国家公務員の仕事の魅力等を知るいい機会です。公務の世界に興味のある女子学生の皆様からのご応募をお待ちしております。

1.対象者

 大学又は大学院(以下「大学等」という。)の女子学生

2.実施期間・参加府省・受入人数

@9月4日(月)〜9月8日(金)(5日間)とA9月11日(月)〜9月15日(金)(5日間)に、内閣人事局と2府省を組み合わせた計36グループで実習を行います。
実習生は、36グループのうちの1グループで実習を受けることとなります。

【実施@ 9/4(月)〜9/8(金)】
グループ番号9月4日 9月5日〜6日9月7日〜8日受入人数
 1内閣人事局 金融庁総務省10
 2金融庁国税庁10
 3金融庁文部科学省10
 4金融庁特許庁10
 5内閣府農林水産省10
 6内閣府特許庁10
 7財務省(税関)消費者庁10
 8財務省(税関)国税庁20
 9厚生労働省総務省10
10厚生労働省文部科学省10
11厚生労働省農林水産省10
12環境省農林水産省10
13環境省消費者庁10
14特許庁(技術系)農林水産省(技術系)10
15特許庁(技術系)国土交通省(技術系)20
16防衛装備庁(技術系)農林水産省(技術系)10
17防衛装備庁(技術系)国土交通省(技術系)10
【実施A 9/11(月)〜9/15(金)】
グループ番号9月11日 9月12日〜13日9月14日〜15日受入人数
18内閣人事局 人事院法務省10
19人事院外務省10
20会計検査院公正取引委員会10
21会計検査院外務省10
22警察庁財務省10
23警察庁外務省10
24金融庁法務省10
25金融庁外務省20
26金融庁財務省10
27金融庁国土交通省10
28経済産業省公正取引委員会
29経済産業省外務省15
30経済産業省財務省10
31防衛省外務省10
32防衛省国土交通省10
33文部科学省(技術系)警察庁(技術系)10
34文部科学省(技術系)原子力規制庁10
35防衛省(技術系)警察庁(技術系)20
36防衛省(技術系)原子力規制庁10

3.内容

実施形式は、政策の企画・立案等のグループワークを基本とし、参加府省ごとにプログラムを用意します。
※各府省におけるプログラムの概要はこちら(5月26日現在)PDF

4.応募方法等

提出書類の作成に当たっては、記入要領(別添1)を参照してください。
各大学等は、推薦申込書(様式1)、推薦者一覧(様式2)、調査票(学生用)(様式3)をとりまとめ、メールにて下記応募先に提出してください。なお、学生個人からの直接の応募は受け付けません。
学生の受入れが決定した際には、内閣人事局と大学等との間で覚書(別添3)の締結を行いますので、推薦に当たっては、各大学等の責任において行ってください。
また、受入学生が提出する服務規律の遵守に関する誓約書(別添4)についても、大学等にて取りまとめて提出してください。

【応募締切】
平成29年6月19日(月)18:00必着(メールにて提出)

※この締切は、大学等が学生の応募を取りまとめて、内閣人事局に提出する期限ですのでご注意ください。
※応募書類につきましては、本インターンシップに関連する業務以外で利用することはありません。また、応募書類の返却はいたしませんので、ご了承ください。
※各大学等から応募書類をメールで受信後、こちらから3日以内に各大学等へ受信した旨メールをお送りします。受信確認のメールが届かない場合は、応募書類が内閣人事局に届いていない可能性がありますので、お手数ですが、内閣人事局任用第二係(03−6257−3745(直通))までご連絡ください。

【応募先】
内閣官房内閣人事局任用第二係
E-mailアドレス : ninyou2アットマークcas.go.jp

※上記アドレスは、セキュリティの関係上アットマークの表示をしておりません。お手数ですが、各自で御入力の上、送信ください。

5.実習生の選考、受入可否決定の通知

調査票(学生用)に基づき、参加府省グループごとの希望学生数の状況や大学1、2年生及び地方大学の学生を積極的に受け入れる方針を踏まえることを基本的な考慮事項とした上で選考を行います。
受入可否決定の通知は、平成29年7月中旬以降に各大学等宛てに連絡します。

6.実施要領

本インターンシップにおける詳細については、以下の「実施要領」をご覧ください。

7.注意事項

  • (1)本インターンシップの必要経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、原則として各自で負担することとなります。
    ※地方大学からの参加者向けに安価な宿泊先を紹介します。(受入決定時に案内予定)
  • (2)受入に際しては、災害傷害保険、賠償責任保険に加入していることを条件とします。
  • (3)実習生が、実習活動中に知り得た情報の取扱いについては、実習中及び実習後において、実施府省の指示に従っていただきます。
  • (4)実習生は、実習終了後、実習内容に関するアンケートを提出していただきます。
  • (5)本インターンシップは、採用選考とは一切関係がありません。

8.参加府省HP

参加府省の業務内容や別途実施しているインターンシップの案内等は以下のHPからご確認ください。

各省庁が実施しているインターンシップの一覧についてはこちらをご覧ください。

9.問い合わせ先

内閣官房内閣人事局任用第二係
03−6257−3745(直通)

ページトップへ戻る