内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局採用・キャリア形成支援活動平成29年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について > 沖縄尚学高等学校

平成29年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成29年7月12日
開催場所:沖縄尚学高等学校
形式:講演会(高校1年生、2年生、中学3年生)

主な講演内容

  • 国家公務員の仕事は,国を主体としたスケールの大きな仕事であり,多くのやりがいのある仕事に携わることができる。
  • 外務省に入省してからこれまでに,5つの部署への配属を経験したが,特に,国際法局経済条約課及び在ジュネーブ日本政府代表部での勤務の際には,若いうちからしっかりとした担当を持って国際交渉に臨むという経験をすることができ,非常に強く印象に残っている。それ以外の課室での勤務においても,それぞれ思い出深い経験を得ることができた。
  • 中学生,高校生の間に,自分の関心ある分野に積極的に取り組み,その中で自分が将来やりたいことを見いだしていくことが重要。自分の周りにも多くのチャンスがあるので,それを意識して学生生活を送って欲しい。

参加者の声

  • 外務省という仕事について、あまり詳しくは知らなかったけど、たくさんの仕事内容があったり、外国に行ったりと、とても忙しくて大変な仕事だということがわかりました。大きな舞台で活躍できる仕事で、とてもかっこいいと思いました。
  • 学生時代の経験が将来の仕事に興味をもつきっかけになったり、役に立つかもしれないと聞いて、今から色々なことを経験して将来につなげたいと思った。国家公務員という仕事を知らなかったので、今回の講演で、たくさん話を聞けてよかった。
  • 外務省の海外に対しての仕事が主だと思っていたけれど、日本国内でも困っている人のために働いていることに意外でした。

ページトップへ戻る