内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年7月8日
開催場所:昭和薬科大学附属高等学校
形式:講演会(希望者対象)、座談会(希望者対象)

主な講演内容

  • 元々公務員志望だったが、大学入学を機に地元を離れ、自分の世界が広がったことで、世の中に役に立つ仕事がしたいと思い、国家公務員を志望した。
  • 現在は、農業者を経営面・技術面で支援する人材の育成が主な業務であり、実施している取組が間接的に日本の農業を支えているとやりがいを感じている。
  • 高校時代は勉強と部活中心の生活だったが、学生時代に頑張った経験が今でも精神的な支えになっているため、今出来ることに精一杯取り組むことが重要であると思う。
  • やりたいことを見つけるためにも様々なことに挑戦し、進路を決める際の材料としてほしい。

主な意見

  • 国家公務員という仕事は国民みんなのためにあるということを感じることができました。すごく身近に感じることができましたし、今までより興味を持つことができました。
  • 国家公務員という仕事がどのようなものなのか今まではよく知らなかったし知る機会もありませんでしたが、今回の講演でどんなことをしているのか知ることができました。講師の方が今の仕事に就くまでにどのような経験を積んできたのかを聞けてとてもよかったです。
  • 今回の講演は自分の将来を考えるためのいいきっかけになりました。国家公務員に対する自分のイメージが変わりました。
  • 若い時から大きな仕事ができて充実感がありそうないい仕事だと思いました。
  • お堅いイメージのあった国家公務員ですが、自分が国家を支えているという自信が持てる職業で素敵だと思いました。
  • 女性がとても働きやすい環境だと感じました。国民の生活に関わる仕事が多いので、とてもやりがいがある仕事だと思いました。

ページトップへ戻る