内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年11月9日
開催場所:仙台二華高等学校
形式:講演会(高校1年生)・座談会

主な講演内容

  • 国家公務員とは、日本のために働く、中央官庁で働く、そして政策のプロとして働くこと。
  • 公正取引委員会で働くとは、独占禁止法を運用し、市場の番人として働くこと。競争政策の担い手として、豊かな社会の実現を目指している。頑張った人が頑張っただけ認められる社会の土台作りをしたいという自分の思いにも合っていると感じている。
  • これまで公正取引委員会で働いていて、色々な立場の人の意見を聞きながら調整しながらガイドラインを作成したり、留学中にアメリカのロースクールでクラスメートとともに勉強したり文化の異なる人たちとルームシェアをした経験などが自分を成長させたと感じている。
  • 高校時代はギター部に所属し、大学時代はオーケストラに所属し、それぞれ素晴らしい人達に出会った。また、高校時代や大学時代に出会った人達に影響されて少しずつ国家公務員や公正取引委員会への興味や希望を形成していき、その興味や希望を実現するための少しの挑戦の積み重ねで今があるように思っている。高校生の皆さんにもロールモデルになるような「人」とたくさん出会い、何事にもチャレンジする心を忘れずにいてもらいたい。

参加者の声

  • 今までは国家公務員はすごく遠い存在に感じていましたが、今回の講演を聞いて実はものすごく身近な存在だと知って驚きました。
  • 国際的な仕事に興味がありましたが、難しいものなのだろうとあきらめてしまったので、今回、色々なことを聞いて改めて職業について考えることができました。
  • 公正取引委員会は日本の法律を学んで仕事に生かしていくと思っていましたが、世界にまで目を向けるというお話を聞き驚きました。
  • 大学や留学、部活を通じた人との関わりの大切さがとてもよく分かりました。私も今しかできない経験を通じて将来の夢を確立していきたいと思います。
  • 堅苦しいイメージのあった国家公務員ですが、日本の国民の縁の下の力持ちとして活躍していると知って少し興味が湧きました。
  • 2年間の留学制度が印象に残りました。国家公務員は国のため、地域的にも国際的にも活躍できる仕事なんだと知ることができました。
  • 責任や大変さも大きいけれど、楽しいことや良い出会いがたくさんある仕事だと思いました。

ページトップへ戻る