内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年11月18日
開催場所:京都教育大学附属高等学校
形式:講演会(2年生対象)

主な講演内容

  • 私の学生時代の経験〜高校から大学院〜(どんな学生生活を過ごしてきたか、大学・学部等進路選択の理由・きっかけ、当時熱中したこと、失敗談等)。
  • 国家公務員という職業との出会い。なぜ国家公務員を志望したか。
  • 国家公務員になるには。試験制度や官庁訪問(面接)について。
  • 国家公務員の仕事とは(現在までの実際の仕事内容や目指してきたもの、やりがい、今後目指したいこと等)。
  • 後輩の皆さんへのメッセージ〜自らの経験から〜(たった一度の人生、少々つまずいてもいいから自分が進みたい道を突き進んでほしい。どこへでも行って何にでも挑戦してほしい。米国大統領選挙敗北後のヒラリー・クリントンの演説から思うこと等)

主な意見

  • 国家公務員は決まった堅い仕事をしているエリートというイメージでしたが、今回の講演を聞いて自分で様々なことを考え、国をよりよくするためにとても幅広いことをする仕事なのだと知りました。自分がやりたいということをあきらめずに突き進むという話がとても印象的でした。
  • 国家公務員として世界をフィールドに働いていてとてもかっこいいと思いました。
  • 事務と聞くと椅子に座って事務作業をするのかと思っていたのですが、法律を作る等、国を作る仕事なのだと分かりました。
  • 国家公務員は法律関係の勉強をしている人でないとなかなかなることができないと思っていましたが、理系でも自分の知識を活かせる仕事だということが分かりました。
  • 自分に近い年代の方だったので仕事のことをよく理解できたと思うし、今まで知らなかったことを知ることができ、今後の進路にも活かせると思いました。
  • 失敗しても一度決めたことをあきらめずに叶えていく姿がかっこいいと思いました。
  • 国家公務員は自分とは遠い存在だと思っていたけれど、講演を聞いてどうやったらなれるのかどんな仕事をするのかがよく分かり、身近に感じることができました。

ページトップへ戻る