内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年12月17日
開催場所:金沢大学附属高等学校
形式:講演会(1,2年生対象)

主な講演内容

  • 自身が現在の職業を選んだ理由は2つあり、漠然とではあるが、1つの企業のために働くより日本のために働いていきたいと考えたこと。2点目は、女性として結婚・出産しても男性と対等に扱ってもらえそうだと感じたこと。
  • 国家公務員の仕事の特徴として、若いうちに責任の重い仕事を経験できることがある。
  • 仕事の特徴の2点目として、異動の頻度が高く次々と新しいことに挑戦する機会をもらえ、結果的に非常に仕事の内容が多岐にわたり幅広いことがある。
  • 国家公務員の仕事の魅力として、個人的には、常に善悪、何が良くて何が悪いという信念を貫いて、善に近づけることを純粋に追及できる点だと感じている。

主な意見

  • 具体的なお話や個人的な体験もお話いただき大変役に立ちました。国家公務員として国のために大変な努力をされていると感銘を受けました。国家公務員として働くことが社会を作っているということを実感することができ、遠い存在と思っていたのにこんなにも身近な職業だということを認識できました。
  • 国の仕事はスケールが大きいのでやりがいがありそうだと思いました。
  • ほぼ毎年のように業務が変わるというのは大変ですが、挑戦し続けられる仕事というのはとても魅力的だと思いました。
  • 性別や年齢にかかわらずに活躍することができ、あきらめずに努力すれば夢は叶うということが分かりました。
  • これまでは国家公務員をあいまいなイメージでしかとらえていませんでしたが、一つ一つの仕事に詳しい説明が聞けて大変勉強になりました。財政や法律等、様々な分野の勉強が必要で難しそうですが、社会へ貢献できる素晴らしい職業だと思いました。
  • 公務員の仕事が様々な分野にわたると知り驚きました。多くの経験が出来て魅力的な仕事だと感じました。

ページトップへ戻る