内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年5月18日
開催場所:広島学院高等学校

主な講演内容

  • 興味のある、好きな分野で社会の役に立てる仕事がしたい。そうした想いの下に選択したのが国家公務員、国土交通省という舞台だった。
  • 入省して8年間、交通やまちづくりをはじめ、様々な分野での仕事に携わってきたが、思い出に残る仕事や素晴らしい人との出会いが数多くあった。
  • 今から12年前の高校卒業時、今の舞台に立っていることは想像もしなかった。色々な経験を経た上での今だが、本当に「人間万事塞翁が馬」だと感じている。
  • だから、後悔の無いよう、1つ1つの事柄を楽しんで、ベストを尽くして取り組んでいって欲しい。

主な意見

  • これからの人生をすごく考えさせられました。これを機にしっかり考えたいと思います。
  • 今回は国土交通省で働く先輩の話でしたが、その他に国家公務員にどんな職があり、さらにその内容も知りたいと思いました。
  • 今日の講演で国家公務員に対してのイメージがとても変わりました。国家公務員も良い仕事だと思いました。
  • 自分と似た境遇だった人が、自分たちの身になって話してくれたため、とてもためになりました。
  • 退屈な書類をまとめるなどの仕事ばかりだと思っていましたがイメージが変わりました。
  • 予想以上に仕事が国際的で驚きました。
  • 地方に行かず東京だけにずっといると思っていましたが、地方にもちゃんと行き、地方と共に汗を流して働くという思いがあることに感動しました。
  • 国土交通省は交通(道路)関係の仕事がメインだと思っていたけれど、それ以外にも様々な仕事があるんだなと思いました。

ページトップへ戻る