内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年6月15日
開催場所:神奈川県立柏陽高等学校

主な講演内容

  • 国家公務員という仕事の魅力は国のかたちを作り、社会のルールを変えられるところ。また、国際交渉など他の職業では得がたい経験も出来る。
  • 自身が生徒だった頃は「文武両道」をモットーに、勉強に部活動に遊びに精力的に取り組み、様々な人と関わった。
  • 社会のルールを変える時には、利害関係者がとても多いため、多様な価値観・立場を理解し、ルール設計する必要がある。その際、学生時代に様々な人と関わりを持ってきた自身の経験が役立った。
  • 柏陽生が持つ、勉強も部活動もバランス良くこなせる能力は大きな強み。将来、様々な立場の人の価値観を理解するためにも、各方面でチャレンジングな高校生活を送ってほしい。

主な意見

  • 今回の講演を聞くまで国家公務員は頭の良い人だけがなって、一般の人々とは程遠い存在だと思っていましたが、実際はふつうの感覚を持っている人も多くいて、その人たちの方が有利だと知って驚きました。
  • 国家公務員というと男性のイメージがありましたが、女性でも活躍できるとわかりました。
  • 国家公務員は文系ばかりというイメージがありましたが、理系の仕事も多いということを初めて知り驚きました。
  • 若くても国際的に活躍できるのはすごいと思いました。

ページトップへ戻る