内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年10月25日
開催場所:千葉高等学校
形式:座談会

主な講演内容

  • ○高校時代・大学時代に考えていたこと
  • ○国家公務員を志望した理由
  • 経済、社会の仕組みに興味があったこと
  • 日本の将来を考えて仕事がしたかったこと
  • 幅広い分野に関わる仕事がしたかったこと  等
  • ○日々の業務について
    自分が携わっている仕事が新聞報道等で大きく取り上げられることも多く、社会の仕組みにアプローチすることで多くの人々に影響を与えることができる仕事であるため、日々やりがいを感じている。
  • ○後輩へのメッセージ
    将来の職業選択に当たっては、様々なことに興味を持ちながら、自らの思いを大切にしてほしい。様々な人々とのつながりも大切にしてほしい。

参加者の声

  • 高校から大学、そして社会へ出ていく中で、人とのバランスが大切で、仕事をしていくうえで重要だと思ったので、仕事と付き合いとバランスよくやっていきたいと思いました。
  • 国家公務員にどの学部を選んでもなれるという柔軟性も魅力の一つだと感じました。
  • 自分の文理選択の参考になったのでよかったです。国家公務員のことも全然知らなかったのですが、わかりやすく説明して頂けて、将来目指せたら目指してみたいなと少し思いました。
  • 国家公務員と言っても様々な種類の仕事があることが分かりました。公務員に対してのイメージが湧いてくるとともに、高校時代の話も聞けて参考になりました。
  • 新聞に載るようなものもあると聞いて、やりがいのある素晴らしい仕事だと思いました。
  • 女性も大きな負担がなく、働きやすいようで、一番に心配していたのが人間関係だったので安心しました。
  • 大変でスケールが大きい仕事であるけれども、その分やりがいが大きい仕事なんだなと思いました。

ページトップへ戻る