内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ内閣官房の概要内閣人事局 > 平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

平成28年度 国家公務員の出身高等学校への派遣について

出身高等学校への派遣を終えての感想

 派遣を受けていただいた高等学校の生徒さんから感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

■平成28年10月7日
開催場所:福島県立会津高等学校
【全校生徒向け講演会】

主な講演内容

  • 国家公務員とは何か。地方公務員との違い。国の機関・仕事にも幅広く様々なフィールドがあり、様々なフィールドで国家公務員が働いている。会津高校出身者も多くの機関で活躍している。
  • 公正取引委員会の仕事、独占禁止法について。大きく分けて、企業がルールを守って正しい競争をしているかを監視し、法律に違反する行為があれば取締まる法執行と、法執行の状況や市場環境の変化を踏まえて、その時代に合ったよりよい競争環境を作るためのルールの見直しなどを行う政策立案。
  • 競争の必要性について。「競争なくして成長なし」。カルテルや談合はテストでカンニングをするようなもの。
  • 公正取引委員会による摘発事例。東日本大震災で被災した道路の復旧工事に係る談合事件や修学旅行に係るカルテル事件といった国民生活との関わりが深いような事件を積極的に摘発して、競争を守り、消費者の生活や日本経済の成長を支えている。
  • 国家公務員を志望した時期、きっかけ、公正取引委員会の志望理由。
  • 国家公務員として実際に働いて思うこと(理想と現実)、大変な点、苦労する点、国家公務員の仕事の魅力。

主な意見

  • この講演を通して改めて勉強することの大切さについて知りました。
  • 今回学んだことを今後の進路の決定や職業選択に生かしていこうと思います。
  • 国で働くのは規模が大きくて責任が重くて大変なイメージがあったのですが、安定して充実してやりがいのある仕事だとわかり、私も人の役に立つ仕事をしたいと思いました。
  • 国のための本気で頑張ったら生きがいを感じられるし、とても大事な仕事だ・と思いました。
  • 会津高校からこのような職に就いている人もいるのが参考になりました。
  • 国家公務員という職業は文系の人がなる職業だと思っていましたが、どんな人でも試験を受けられるということを聞いて驚きでした。
  • 地方公務員については知っていることが多々あったが、国家公務員については知識があまりなかったので講演全体に学ぶべきポイントがあったと思います。

ページトップへ戻る