内閣官房 サイトマップ
トップページ 内閣官房の概要 所管法令 記者会見 報道発表 資料集
政策課題 国会提出法案 パブリックコメント等 情報公開 調達情報 リンク
トップページ >独立行政法人の役員の公募

独立行政法人の役員の公募



理事ポストは下記の1件です。
各ポストをクリックすると、各府省の募集ページにジャンプします。

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構:理事長
【公募対象ポストのミッション、求められる人材のイメージ】
 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」という。)は、資源・エネルギーの安定供給及び生活環境の保全を目的に、リスクマネーの供給などの石油・天然ガス及び金属鉱物の探鉱・開発促進に必要な業務、石油及び金属鉱物資源の備蓄に必要な業務、金属鉱業等における鉱害の防止に必要な技術支援及び資金供給等の業務を行う独立行政法人として、石油公団と金属鉱業事業団の機能を統合し平成16年2月に設立された。平成24年9月には、新たに石炭と地熱の業務分野が加わり、同分野におけるリスクマネーの供給などの探鉱・開発促進に必要な業務及び石炭鉱害の復旧及び賠償等に関する業務が追加され、資源全般をカバーする組織として、機能も強化された。
 今回公募する理事長は、経済産業大臣が定める機構の中期目標を達成するため、法人を代表し、機構の全業務を総理するとともに、基本的な経営方針を立案し、それを着実に実施することが求められる。また、業務の高い公共性に鑑み、その社会的責任を十分に理解し、強いリーダーシップと改革意欲をもって、内部統制の強化に取り組むことが求められる。これらを前提に、国の資源・エネルギー政策の方向性を踏まえ、法人のあらゆる経営資源を効果的に利用し、自ら最前線に立って産資源国のカウンターパートである担当政府機関のトップ等と折衝・交渉を行うことが求められる。また、資源開発プロジェクト等の着実な実施を確保するため、内外の関係企業や関係機関等との良好な関係を創出し、自ら必要な調整等を行うことが求められる。さらに、国内外の多様かつ大規模なプロジェクトのリスクを常時把握し、事故・災害等が起きた場合には迅速かつ適切に対処すること等が求められる。
【任期】
平成28年2月29日〜平成30年3月31日(2年1ヵ月)
【給与】
年収2,241万円(平成26年度実績。業績により変動する)及び通勤手当
【所管府省】
経済産業省
【連絡先】
経済産業省大臣官房秘書課制度班
仁科、大澤
電話番号:03-3501-1797
Mail:yakuin-kobo@meti.go.jp